履歴書の志望動機で未経験事務職ならこんな例文はどうですか?

resume

夫です。一応、人材系の仕事をしておりまして、
転職希望者の履歴書と職務経歴書を日々、見ております。

これまでにおそらく1000通以上は見ているのではないでしょうか。

この経験を活かして、今回は履歴書の志望動機の書き方について、
僭越ながら少しアドバイスができればと思います。

特に人気の高い事務職についてもスポットを当てていきます。

未経験職種への転職を希望している際は、ご参考頂ければと。

履歴書の志望動機で未経験の場合は、なにを書けばいい?

履歴書の志望動機で未経験の場合は、なにを書いたらいいでしょうか。

必ず押さえておきたいポイントが大きく3点あります。

今までやってきたことが応募職種にどのように活かせるか

仕事が未経験だからといっても、なんらかの形で応募職種でも活かせることがあるものです。
たとえば、前職が販売職から営業職への転職であれば、販売経験から培ったセールストークの構築は、
営業職でも活かせるといったような感じです。
他にも販売も営業も基本は相手に物を売るセールスのお仕事ですので、
セールスにおける基本的な考えは理解しているといったようなことがアピールできるでしょう。

このように応募職種が今までの仕事で活かせることというのは、考えればでてくるものです。

そのため、応募する職種について、仕事内容を理解することは必須といえるでしょう。

なぜその仕事がやりたいのか

これは、意気込みを語る部分です。その仕事をやりたい理由について、きっちり説明しましょう。
これも仕事内容を踏まえて、その仕事をやりたい理由を説明します。

たとえば営業職を未経験で志望していて、
なぜやりたいかということを説明する際に貴社の商品の価値をもっと幅広く広めたいためというような理由でもいいでしょう。

また営業職は会社を存続するための根幹であり、もっとも必要な職種というようなご自身が興味をもった役割や価値についても語るとよいでしょう。

なぜその会社を応募したのか

数多くあるなかで、なぜうちを選んだのかということです。
実はなぜこの会社を選んだのかという理由を書くのが一番難しいです。

そもそもこのなぜその会社を応募したのかという質問の意図として、応募した会社のことを理解しているかどうかということを
推し測っている意図もあります。

そのため、会社ホームページなどから、会社の特徴を調べてみてご自身が興味をもった部分を説明することを意識しましょう。

会社ホームページがないもしくは情報が浅い場合は、同業他社とその業界全体を調べてみて、応募する会社の現在の立ち位置がどこにあるのかを調べてみるとよいでしょう。そこからご自身の考えと照らし合わせて、会社に対する志望動機を作ってみるとよいでしょう。

以上のことを合わせて、200~300文字程度にまとめるとそれなりに形が整った志望動機が出来上がります。

未経験で事務職の志望動機を書くコツは?

では、上記を踏まえて、未経験で事務職の志望動機の場合についてです。

事務職とは、PCを操作して文書や資料作成をはじめとして、電話の取次ぎ、郵便発送や宅急便の手配、コピーとりやファイリングなど多岐にわたります。

スポンサードリンク

そのため、事務職とはいえ、どのような仕事が中心なのかということをまずは、応募している求人票にかかれている仕事内容を理解しましょう。そのうえで、これまでの経験からどのような経験が活かせるかということにつなげていきます。

たとえばですが、文書作成業務が中心であれば、PC操作がメインになります。営業職や内勤のお仕事であれば、今の時代、
ほとんどPCを使うことが多いでしょう。そのため、PCを使ってこのような文書を作成していたということを書くとよいでしょう。

そのほか、事務職に携わるうえで、マイクロソフト社のWORDやEXCEL検定試験なども受験したであったり、
事務スキル向上のため、資格取得にむけて勉強をしているといった関連資格取得のために勉強をしているということも書くのはアリです。

あと、事務処理の速さを強調するうえでは、タッチタイプ(ブラインドタッチ)の速度をお伝えするのは有効です。
1分間で80文字以上の入力ができれば、タッチ速度が早いほうですので、事務未経験でもいち早く戦力になれるということが伝えられます。

もし事務職を目指すならタッチタイプの速度向上のため、日々練習するのはアリですよ。

またご自身の性格面も事務職向けのタイプであれば、書いてみるのもいいでしょう。
例を挙げますと、協調性がある、コツコツと仕事をこなすことが得意、気配りには自信があるといったようなところではないでしょうか。

このような性格だから事務職として向いており、活躍できるということを書いていくと事務職に意欲のある志望動機が出来上がりますよ。

未経験で事務職の志望動機例文について

では、ここで事務職の志望動機例文について、書いてみます。

営業職から事務職への志望動機:231文字
現職では営業職として約*年間、従事してきました。営業職では、顧客に対する資料作成や報告書の作成、営業数字管理のためのグラフをまとめておりました。そのため、WORDやEXCELについても問題なく操作が可能です。また営業を通じて、営業のサポートとして、今後は活躍したいと考えております。私自身の性格として、電話はだれよりも早くとっており、部署内で円滑に仕事が進むようサポートも積極的にこなしていました。この経験を活かして、貴社で事務職として活躍したく志望致しました。
販売職から事務職への志望動機:296文字
現職では販売職ではありますが、販売業務の一環として、会社に対する報告書の作成も行っておりました。とはいえ、WORDやEXCELを使った仕事経験はそれほどなかったため、私自身で独学ではありますが、プライベートでPCを使った文書作成を積極的に行っております。
そのため、PCを利用した文書作成は問題なくこなすことができます。また事務処理速度をあげるためにも日々、タッチタイプの練習を重ねており、今では1分間で100文字程度、文字入力が可能です。また私自身の性格として、気配りには自信があります。事務職は業務のサポートが中心となるため、業務が円滑にまわすことが貴社への貢献になると思い、志望しました。

まとめ

履歴書の志望動機を未経験の場合、

今までやってきたことが応募職種にどのように活かせるか
なぜその仕事をやりたいのか
なぜその会社に入社したいのか

この3点を盛り込んで200~300文字程度に仕上げるとよいでしょう。

事務職の場合は、これまでの事務経験や性格面、タッチタイプの速度がアピール材料になります。

これらを踏まえて、志望動機作成にご参考頂けますと幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です