敬老の日は何歳から贈る?娘がプレゼントで贈る花と花言葉について

6.10 musumekara-1

敬老の日が近づいてきて、自分や義理の両親に敬老の日のプレゼントをあげようかどうしようか迷う人も出てくると思います。

しかし、自分の子供は小さくてとてもおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントをあげることはできません。
そんなとき、娘の自分から敬老の日のプレゼントをあげてもよいものかどうか迷ってしまいますね。

もしかしたら、「私はまだそんな年を取ってない!」と怒られちゃうかもしれません。

そこで今回は、いったい何歳から敬老なのか?
娘からプレゼントを渡すのってありなのか?

また、敬老の日に花をプレゼントする場合に、どんな花言葉の花が良いのか?などについてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

敬老の日は何歳からのことを指すの?

敬老の日、と一言で言っても、その敬老に当てはまる年齢を知っている人は少ないと思います。

実際に、法律でも敬老は何位歳からと定められているわけではありません。

では、一般的に敬老とは何歳を指すのか。ふんわりと考えてみましょう。

そもそも、敬老の日は1966年に日にちが変更されていますよね。
その際に老人福祉法も改正され、敬老の日だった9月15日は「老人の日」とされました。

そして、この9月15日~21日までを「老人週間」と定めたのです。

ここで指す老人とは

65歳以上

なのだそうです。

つまり、老人は65歳以上のことなのです。

しかし、周りを見てみるとこんな制度もあります。

市区町村などの自治体が行っている敬老の日のイベントで、お餅を配ったりするのは70歳以上。
また、バスに乗ったりする際に割引される敬老パスも70歳以上。

つまり、市区町村などで決められている敬老は→70歳以上を指します。

うーん、これは難しいところですが、もしあなたの親が70歳を超えているようでしたら、それは立派な敬老ということになります。

ぎりぎり65歳だとしても、65歳以下で敬老の日のプレゼントを渡したら「まだそんな年じゃない!」って怒られちゃうかもしれませんね。

今のシニアは若くて活発ですから、そこらへんも合わせて上手に敬老の日の意見を探ってみてください。

敬老の日に娘からプレゼントってありなの?

さて、そんな敬老の日ですが、そもそも敬老とは<多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う>日だという事を知っていましたか?

一般的にはおじいちゃんおばあちゃんに、孫からプレゼントを贈る日とされていますが、実はそうでもないのです。

ただ、娘から敬老の日をお祝いされて、まるで自分が「年寄り扱いされた」とむくれてしまう親もいるのは確かです。

スポンサードリンク

なので、出来ればお祝いをする際には「孫」からと言う名目が大切となってきます。

上で、敬老は65歳から70歳以上と書きましたが、孫が生まれると両親はもう「おじいちゃんおばあちゃん」という事ですので、年は関係なく敬老の日を祝ってもらっても気を悪くしない事も多いようです。

そこで、子供さんが小さくて敬老の日にプレゼントができない場合には、それとなく両親に探りを入れてみて「大丈夫」なようならば、娘であるあなたから何かをプレゼントしてみるのも良いでしょう。

そのプレゼントも、あまり年寄り扱いしないようなプレゼントが好ましいですね。

敬老の日に贈る花で良い花ことばの花ってある?

両親や義両親にそれとなく聞いてみたところで、「いらないわよ~~」とか「きにしなくても~~」のように、嫌でもないけれどそれほどほしくない。みたいな反応が返ってきたとき。

一番大仰でないプレゼントはやはり「お花」ではないでしょうか?

お花が嫌いな人はあまりいませんよね。
綺麗ですし、ずっとあるわけではないので邪魔ではないですし。お部屋を明るく彩ってくれます。

そんなお花をプレゼントしようと考えた時に、そのお花に素敵な花言葉があればなおいっそいいです。

そこで、少し敬老の日に贈るおすすめの花をご紹介します。

アマランサス・・・・不老長寿
サンダーソニア・・・望郷、福音、祝福
センニチコウ・・・・変わらない愛情、不老長寿
リンドウ・・・・・・正義感、誠実、愛情
チューリップ・・・・思いやり、正直、博愛
ブルーレース・・・・優雅なたしなみ、無言の愛
チューリップ 白・・奥床しい
バラ・・・・・・・・温かい心、初めての愛情、誇り、自慢、恩恵、満足
アゲラタム・・・・・信頼、安楽
松・・・・・・・・・永遠の若さ、不老長寿
ユリ・・・・・・・・威厳、貴重、純愛
ユリ 黄色・・・・・陽気、飾らない愛

どうでしょう。
これだけ見ても敬老の日にぴったりのお花がたくさんあることが分かりますね。

そのお花が近くの花屋さんにあるとも限りませんので、花屋さんに行った時には店員さんにいろいろな花言葉を聞いてみて決めるのもありかもしれませんね。

まとめ

それではまとめてみたいと思います。

敬老の日は何歳からのことを指すの?

65~70歳以上

敬老の日に娘からプレゼントってありなの?

両親の考え方によってはあり

敬老の日に贈る花で良い花ことばの花ってある?

アマランサス・・・・不老長寿
サンダーソニア・・・望郷、福音、祝福
センニチコウ・・・・変わらない愛情、不老長寿
リンドウ・・・・・・正義感、誠実、愛情
チューリップ・・・・思いやり、正直、博愛
ブルーレース・・・・優雅なたしなみ、無言の愛
チューリップ 白・・奥床しい
バラ・・・・・・・・温かい心、初めての愛情、誇り、自慢、恩恵、満足
アゲラタム・・・・・信頼、安楽
松・・・・・・・・・永遠の若さ、不老長寿
ユリ・・・・・・・・威厳、貴重、純愛
ユリ 黄色・・・・・陽気、飾らない愛

いかがでしたでしょうか?
少しは参考になりましたか?

両親のことを想うのはとても大切なことです。
大切なことですからしっかりとお祝いしてあげたいですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です