インフルエンザは妊婦に影響あるの?予防接種は受けても平気?

9-18-infuru-1

妊娠が発覚して初めての冬を迎えることになりました。
この季節になってくると注意をしなければならないのがやはり風邪やインフルエンザだと思います。

普段からつり革を握った後には手を消毒したり、家に帰ってきてから手洗いうがいを徹底している我が家でも、赤ちゃんのために今年からインフルエンザについていろいろ勉強をしてみることにしました。

特に、妊婦である私はインフルエンザにかかるとどのような影響が胎児に表れてしまうのか、また予防接種を受けても大丈夫なのか?
インフルエンザ対策はどんな予防方法があるのか?などについて疑問に思うようになりました。

そこで今回は

・インフルエンザが妊婦に与える影響は何があるの?
・インフルエンザで妊婦は予防接種を受けてもいいの?
・インフルエンザ対策ではどんな予防方法があるの?

などについてご紹介していけたらなぁと思います。
少しお付き合いいただければ幸いです。

スポンサードリンク

インフルエンザが妊婦に与える影響は何があるの?

インフルエンザにかかった時に気になるのが「胎児への影響」ですね。
高熱が出てしまって胎児に何かあっては大変です。

何は無くても赤ちゃんが大切。これはどの妊婦さんでも共通に言えることだと思います。

インフルエンザにかからないように気を付けていたとしても、妊娠中は免疫力が落ちて病気にかかりやすくなってしまうものです。

どんなに気を付けていても「あれ?もしかして・・・。」という時があります。

ぶっちゃけ、インフルエンザで妊婦さんにはどのうな影響が現れるのでしょうか?

インフルエンザにかかることで妊婦さんには

・切迫流産様症状
・陣痛発来
・破水
・分娩の症状

などが起こることがあります。

つまり、早産になってしまう可能性が現れるのです。

妊娠している身としては絶対に避けたいところです。

また、インフルエンザにかかったことで胎児に影響はあるのかどうか?ですが。

これに関しては

特にない 

というのが病院側の見解だそうです。

インフルエンザにかかったからと言って胎児に何かしらの影響が表れるという事は今のところないようです。

ちょっとホッとしました。
インフルエンザにかかってしまったらアウト!というわけではないのですね。

とりあえず、安静にしていればOKという事らしいのですが、やっぱり不安ですのできちんと対策を練っていこうと思います。

インフルエンザで妊婦は予防接種を受けてもいいの?

しかし、胎児事態に影響はないと言ってもやっぱり早産の可能性があるという事は変わりません。

それを避けるために、インフルエンザの予防接種は受けても大丈夫なのでしょうか?

私が産婦人科を受信したときに、婦人科の先生に「妊婦が受けて良い予防接種はインフルエンザがあります」と説明されました。

スポンサードリンク

でも、インフルエンザのワクチンを摂取するための注意が気には「妊娠中は避けること」と書いてあります。

どっちなのでしょう?

妊娠中はインフルエンザの予防接種は避けるべき?

答えは

受けても大丈夫!

です。

現段階で、インフルエンザの予防接種を受けて胎児に問題があったという例は無いそうです。

また、インフルエンザにかかってしまった際に服用する薬

タミフル
リレンザ

に関しても、服用して妊婦や胎児、生まれた赤ちゃんに影響したという報告はないようです。

ただ、ここで特筆するとしたら

かかっている産婦人科の先生によって
「予防接種はしない方がいい」「薬を飲まない方がいい」「薬を飲んでも構わない」などという事がばらばらになることもあるようなので、最終的には自分が一番信じるようにすることが大切になってきます。

薬を飲むことに対して不安感があるのでしたら薬を服用するのを避けて、家で安静にすることが良いでしょうし、どうしても体が辛くて何かしら重篤化しそうでしたら服用は余儀なくされると思います。

大切なわが子のことですから、お母さんが一番良いと思うようにしてあげてください。

インフルエンザ対策ではどんな予防方法があるの?

インフルエンザにかからないために、どんな対策や予防方法があるのでしょうか?

%ef%bc%99-29%e3%80%80infuru-2

マスクをする…外に居る時にはマスクを着用しましょう
人ごみを避ける…免疫が落ちているので人ごみは避けましょう
加湿をする…加湿をしてウイルスの繁殖を防ぎましょう
しっかり栄養を取る・良く寝る…しっかりと食べてしっかりと寝ましょう
手洗いうがいをする…帰ってきたら手洗いうがいを徹底しましょう

このように、当たり前のことですが少し気を付けて生活することで格段にインフルエンザにかからない予防対策をすることができます。

まとめ

それでは簡単にまとめてみますね。

インフルエンザにかかった時に、インフルエンザによる影響は胎児にはありません。ただし。妊婦は早産になる可能性があり、それを避けるためにもインフルエンザワクチンの接種が大切になってきます。

インフルエンザワクチンやインフルエンザにかかってしまったときのお薬は基本的に胎児や妊婦、また生まれた子供に対する影響は報告されていないようです。

ただし、絶対に影響がないとは言い切れませんのでワクチンを打つ際にも薬を飲む際にも最終的には自分で判断し行ってください。(先生に命の危険があります、と言われたら従うようにしてくださいね)

また、インフルエンザの予防策としては
マスクをする。人込みを避ける。加湿をする。しっかりと栄養を取る。良く寝る。手洗いうがいをする。
などが挙げられます。

どれも当然なことのようですが、徹底することで予防と対策をしていきましょうね。

お互い心配事は尽きませんが、心やすらかな妊娠生活が送れますよう応援しております。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です