1月の誕生会の出し物はペープサートとバルーンアートはいかが?


10-9-1gatutanjyoubi

新年が始まって休み明けで保育士さんもなかなか仕事モードに切り替わらない中、1月生まれの園児さんに対しての誕生会を催すための企画を考えはじめないといけない状況ではないでしょうか。

1月は新年のはじめということで、干支にまつわる劇をペープサートで行ったり、簡単なマジックのひとつとしてバルーンアートを一緒に作ってお誕生会の出し物とプレゼントを兼ねてしまうというのは如何でしょうか。

今回は、そのあたりの話を中心にお伝えします。

スポンサードリンク

1月の誕生会の出し物はなにがある?

普通に園児さんにハッピバースデーの歌を歌って終わるというのも面白みにかけると思います。

1月ですので、お正月にまつわるイベントをしてみては如何でしょうか。

お正月にまつわるイベントをいくつかご紹介します。

餅つき

臼や木槌など用意するものも多いですが、お誕生日プレゼントとして、つきたての餅をプレゼントというのもアリだと思います。

本来ですと、餅つきは年末に行いますが、餅つきの由来のお話も兼ねて行うと園児さんも興味をもって、お話を聞いてくれるかもしれません。

定番ですね。ただ、ハッピーバースデーのお歌だけだといつもの誕生日会と変わらないので、1月にちなんだ歌のほうが覚えてくれるものです。
例えば、もちつきのお歌とかもいいですね。先ほどの餅つき大会と合わせると一貫性がでてくるのではないでしょうか。

ゲーム

これもお正月にちなんでカルタ大会を開催してみてもいいと思います。その他、羽根つきやけん玉、コマ回しといった昔ながらの遊びを取り入れてみてもいいかもしれません。昔ながらの遊びをこの時期にやることによって、新鮮味が出てくるのではないでしょうか。

昔ながらといえば、すごろくやだるま落としもいいでしょう。
とくにすごろくは大人数で参加できますので、園児さんたちも盛り上がるのではないでしょうか。

誕生会の出し物でペープサートはなにがいい?

1月のお誕生日会での出し物で保育士の職員同士が劇をされるのもいいと思います。

しかし、職員同士となると事前の練習など忙しい仕事の合間をぬって行うのもなかなかしんどいし、お互い気疲れもございませんか?

そこで、保育士さんがひとりでも行えるペープサート(紙人形劇)は如何でしょうか。

ペープサートなら保育士さんひとりで練習すれば、誕生日会の出し物となります。

1月のお誕生日会でオススメしたいのが、「十二支の始まり」

ご存知かとも思いますが、十二支の始まりは神様のこんな話から始まるお馴染みのお話。動物達の順番がどの様に決められたのか、猫はどうして入っていないのか、などがわかりやすい定番の劇のひとつです。

誕生会の出し物でバルーンアートをプレゼント

お誕生日会で盛り上がるもうひとつの出し物として、バルーンアートがあります。

スポンサードリンク

バルーンアートで様々なお花や今年の干支となる動物なんかを作っているところを見せて、お誕生日の園児さんに御誕生日プレゼントとして差し上げると喜ばれますよ。

2017年は酉年ですので、にわとりのバルーンアートを園児さんみんなで作ってみては如何でしょうか。

干支の動物だけでは物足りない。そんな場合は、定番のプードルやお花も保育士さんが園児さんと一緒に作ってみるというのも盛り上がると思います。

バルーンアートも風船100本入りでも1,000円以下で購入できますので、低コストで少し訓練するだけですので、それほど手間もかからず、お忙しい保育士さんにはうってつけだと思いますよ。


まとめ

1月の誕生日会の出し物としては、季節柄のイベントが限定感もあっていいと思います。
例えば、餅つきをはじめ、定番のお歌やゲーム、ペープサートやバルーンアートといったものがいいのではないでしょうか。

あとは、園児さんと一緒に行うのか、保育士さんだけで行うのかにもより、変わってきます。

園児さんと一緒なら餅つきやお歌、ゲームといったもの。

保育士さんの出し物として、行いたいのであれば、ペープサートやバルーンアートがよいでしょう。

少しでもお誕生日会のヒントとなれば幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です