成人式のお祝いを貰ったときのお返しは?のしの書き方は?手紙は添えるべき?

内祝い 

お子様の成人式。
とてもおめでたいですよね。

しかし、会社や親戚からもらう成人式のお祝い、どうやって返せば礼儀として欠いていないことになるのでしょう?

内祝いのためのお返しはどういうものがいいの?
のしはどのように書けばいいの?
お返しに手紙は添えたほうがいいの?

など、疑問に思ったことにお答えします。

スポンサードリンク

成人式のお祝いを貰ったときのお返しについて

まず、成人式の祝いを貰った時のお返し(内祝い)について。

お金を包んでもらうとは思いますが、地域によっては半返しといって半分の金額で何かを購入し、包んでくれた人に返すという習慣がありますね。

これは、結構多くの地域で行われていて、特に礼儀を重んじる人には欠かせないことだと思います。

大体の成人式のお祝いは1万円くらいだと思います。
その半返しですから5千円がお返しの金額になりますね。
これは気持ちですから必ず5千円ではなくても良いですが、それでも相手が祝ってくれた気持ちを無駄にしないように心掛けてください。

さて、お返しに贈るものですが、まず消耗費が一番喜ばれます。
形に残ってしまうものだと、相手の好みもありますし邪魔になってしまうことになります。

ずっと置いておける環境にあるかもわかりませんし、それを捨てるとなるとちょっと心が痛いですよね。
そんな気持ちにさせない為にも、贈るならば消耗品が一番です。

そういって思い浮かぶのは、コーヒーやタオル、石鹸などでしょうか?
しかし、それもその家庭の好みがあります。

なので、できれば、お肉やハム、ラーメンや蕎麦うどん、缶詰系などが妥当だと思います。
喜ばれるものでしたら、地域の特産品なども良いと思います。

限定物は喜ばれますね。

もし、相手が選ぶ形で贈る、カタログギフトを贈るのでしたら、大体5千円くらいで、相手に値段が分からないものが良いでしょう。
しかし、それを相手がネットなどで検索する可能性もあるので、あまり安いものはNGですね。

内祝い 2

成人式のお祝いにおけるお返しにおけるのしの書き方

お返しを贈る際に、購入したものに「のし」を付けて贈ると思います。
せっかくのお返しに失礼があってはいけません。

スポンサードリンク

・のし紙 紅白蝶結びののし紙であること。
・表書き 「内祝い」「成人記念」「御礼」
・名入れ 成人を迎える本人の名前(フルネームまたは苗字)

内祝い のし

成人式のお祝いのお返しに手紙は添えるべき??

お返しに添える手紙ですが、これは2パターンあります。

まず、会社などから頂いた場合の改まった相手へ送る手紙の場合。

*******

拝啓 新春の候、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 先日は、私の成人式に際しまして、お心のこもったお祝いをいただき、誠にありがとうございました。
 大人としての自覚を持ち、責任ある行動をとるよう、決意を新たに精励いたす所存でございます。
 まだまだ未熟な私でございますが、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、お願い申し上げます。
 寒さひとしお厳しき折、何卒ご自愛専一にて、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 まずは書中をもちまして御礼申し上げます。

敬具 
平成○年○月○日

*******

親戚などの親しい人贈る場合。

*******

伯父様

 雪の舞う厳しい寒さが続いておりますが、その後お変わりございませんか。
 先日は、私の成人祝いにと、お心のこもったお祝いをいただき、ありがとうございました。
 温かく、時に厳しく見守ってくださった伯父様をはじめ、多くの方の愛情に支えられ、無事に成人式を迎えることができました。本当に、感謝の言葉もありません。
 これを機に、一人の大人としての自覚を持ち、責任を持った行動をとるよう、心がけてまいりたいと思います。
 まだまだ若輩者ですので、人生の先輩として、これからもどうぞよろしくご指導ください。
 時節柄、どうかお身体を大切に。

○○(署名)
平成○年○月○日

*******

どちらも、お祝いを頂いた感謝の気持ちを綴るような文面になっています。
おれいの文章に、自分のこれからの抱負などを入れると尚いいでしょう。

まとめ

最後に

成人式のお祝いをいただくのはとてもうれしいもの。
ただ、成人を迎えるということはそれなりに責任が出てくるということ。

いままでのように親に任せているのではなく、自分で率先してお礼などを選んだり手紙を書いたりすることが必要になってきます。
難しいとは思いますが、大人の仲間入りをしたということで、会社や親戚に感謝の気持ちを添えて心のこもったお礼をしてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です