成人式のお祝いであげるお金はどれくらい?お金以外のものでは?

成人式1

親戚の子供や友人の子供が成人式を迎える時に、お祝いをしたいと考えますよね。
その際に、いったい何を贈ったら良いのか、その際にかける金額やお金を包んだら良いのか、ちょっと分からなくなると思います。

そんな
・お祝いは何を贈ったら良いのか
・お祝いはお金で良いのか
・お金をあげるとしたらその相場はいくらくらいなのか
・もしものを贈るとしたらどんなものがあるのか

などを調べてみました。

成人式のお祝いであげるお金やものの金額は?

成人式に渡すお祝いのお金の金額やお祝いの品の金額…。
これってどれくらいが良いのでしょうか?

知り合いや親戚などの関係によっても金額や品物が変わってきますよね。
あまり高すぎると、相手も困ってしまいます。

なのでここは相場を踏まえて考えましょう。

世間的な相場としましては・・・

・親や親戚、祖父母の場合
1万円~5万円
・知り合の場合
1万円~5千円

これくらいが相場となります。

しかし、現金を包むというのもちょっと気が引けることってありますよね。
その際にはどんな商品を渡すのが妥当なのでしょうか?

・両親の場合
これから必要になるであろう「スーツ」「時計」「バック」

・祖父母の場合
成人式で使用する「着物」それに加えて少額の「お金」

・友人や親せきの場合
あまり高価なものは好まれないため「一緒に食事に行っておごってあげる」

などです。

成人式で上げるお金の相場はどれくらい?

成人式で渡すお金の相場として少し詳しく書いてみます。

第1章でも軽く書きましたが、相場はこうなっています。

・両親
1万円~5万円

親戚
1万円~3万円

祖父、祖母
1万円~5万円

兄姉が社会人の場合
3千円~1万円
(合算するのも可)

スポンサードリンク

知人その他
1万円~5千円

絶対にこれにしなくてはいけないことはありません。

そのときの状況で大丈夫のようです。

成人式でお祝いの品をあげるとしたらどんなものがいい?

さて、金額は分かりましたが、もしお祝いの品をあげるとしたら、いったいどういうものがよいのでしょうか?

贈る品物はどういうものがあるのかいくつかあげてみます。

バック・スーツ・お財布・印鑑・時計

(これは成人を迎えることで大人としての第一歩を踏み出すためのアイテムですね。
これからは社会に出るということで責任を持たせるためにも、就職が上手くいくようにと願いをかける意味でも贈るものにふさわしいと思います。)

着物・食事をおごる

(これは親族や知人が多く贈るものです。
お金は心ばかり、あとは目に見えるものでお祝いしたり、あまり金額などは書けないけれどお祝いの気持ちが伝わる品でしょう。)

万年筆・アクセサリー・お酒、写真立て

(これは好みがあるでしょうが、二十歳を迎えてお酒を贈るのなどはありですね。ただし、贈るときに「酒は飲んでも飲まれるな」の格言も添えておきましょう。)

ブリザードフラワー・ダイヤモンド・クリスタルスタンド

(キラキラした華やかな物、これはきっと思い出に残る品になるでしょう。)

図書カード・商品券・お食事券(金券)

これならば、お金を渡すよりはスマートです。

成人式2

まとめ

最後に
成人式は1生で一度のお祝いです。

相手に気を使わせない、または喜んでもらうためにもきちんとしたものを贈りたいですね。

現金が1番喜ばれるとは思いますが、金券や着物なども十分気持ちが伝わると思います。

一生の思い出に残るように頑張ってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です