海の京都 天橋立の秋の紅葉狩りの時期と混雑状況や観光名所をご紹介

amatatehashi01

秋の京都と言えば、嵐山や清水寺の紅葉を思い浮かべる方が多いのでは?

しかし大変有名であるが故に、1年で一番観光客であふれかえり、大混雑の中でする鑑賞は癒しからは程遠いものになる可能性があります。

陸奥の松島、安芸の宮島に並ぶ日本三景のひとつ、特別名勝「天橋立」はご存知ですか?

日本三景で唯一海水浴場を有する他、美しい宮津湾の水面を彩る約8000本もの松並木が、
何千年もの歳月をかけて作り出した神秘的な造形を一目見ようと、天橋立に訪れる人々は後を絶ちません。

また、天橋立が位置する宮津は水産業が盛んで、四季を通し旬な水産物が水揚げされており年間を通し新鮮な海戦食材を味わえる事も魅力の一つです。

そこで、今回は隠れ絶景スポット「海の京都」天橋立で堪能する紅葉の見ごろ時期や混雑状況とその対策とおすすめ観光名所を紹介します。

スポンサードリンク

天橋立・舞鶴 紅葉の見ごろ時期はいつか?

海の京都、天橋立の紅葉の見ごろは、早いところで10月下旬から色づき始めますが、だいたい11月下旬~12月上旬が見ごろといえるでしょう。

例年この時期になると、天橋立を一望する事のできる最高のビューポイント「成相山 成相寺」では、五重の塔を彩る美しい紅葉が色づき始めます。

また、車でお越しの場合、天橋立ICを利用すれば宮津の隣に位置する舞鶴市の紅葉で有名な観光名所「金剛院」に行く事も比較的簡単です。

金剛院は、かの有名な三島由紀夫の著書「金閣寺」にも登場し、三島由紀夫をも魅了する美しさを秘めています。

両者いずれにおいても、毎年この時期になるとプロアマ問わず多くのカメラマンや家族連れ、カップルで賑わい、紅葉狩りをするには最適なのではないでしょうか。

天橋立・舞鶴の紅葉狩りの混雑状況

京都の紅葉シーズンは、多くの観光客の方が訪れますので人気のスポットは間違いなく混雑してしまいます。

都心の観光スポットほどではないにしても、天橋立もシーズンになればそれなりに混雑してきてしまいます。

多少、混雑するのは仕方ないので朝早く出発し夕方の混雑ラッシュに巻き込まれないよう帰路するのは勿論ですが…大事なのは現地にていかに混雑に巻き込まれず楽しむ事が出来るかかと思います。

オススメの方法はこちら↓

宮津湾にある「パーク&クルーズ」…いわゆる乗船場です。

30分に1便で決して便数が多いとは言えないですが、天橋立を経由し、天橋立を一望できる傘松公園のある一宮まで船が出ています。

しかもリフト・ケーブルカーの往復乗車券込みのセット券を購入すると割引にもなり、さらに駐車場料金が無料となるお得つき。

現地の観光名所を効率よくまわる事ができ混雑回避としてはオススメです。

天橋立のオススメ観光スポット

折角、天橋立に来たのだから、その周辺地域も観光したい。そんな風に考えていらっしゃる方も多いと思います。

そこで、天橋立のいくつかオススメ観光スポットをご紹介しちゃいます。

成相時

先ほども登場しました、日本三景の一つ天橋立を一望できるとして有名な「成相寺」。

こちらのお寺は1300年もの歴史があり、「日本に5つしかない聖の住む場所」として、たくさんの参拝者が訪れています。

スポンサードリンク

成相時の紅葉のオススメポイントはなんといっても、五重の塔を取り囲む真っ赤で鮮やかな紅葉の木々たちです。
五重の塔があるだけで、古都京都を彷彿させ歴史を感じさせる紅葉は、それはそれは美しく、見事としか言いようがありません。

さらに、時期によっては成相寺夜間ライトアップが見られる等、幻想的に映し出されたいつもと違う表情の成相寺を堪能出来るのも魅力の一つです。ライトアップの他、音楽ライブや神話語りなど成相寺には見どころがいっぱいです。

開催期間:2017年11月11日(土) ~2017年11月12日(日)
開催時間:17:00 ~21:00
開催備考:雨天決行
参加料金:入場無料
住所:京都府宮津市成相寺339
アクセス(公共交通)
京都丹後鉄道「天橋立」駅よりタクシー約25分
アクセス(自動車)
京都縦貫自動車道「与謝天橋立」ICより国道176・178経由約20分
駐車場:なし 元伊勢籠神社の駐車場が無料開放される予定

天橋立

amatatehashi02

勿論忘れてはならないのが「天橋立」
天橋立を楽しむには展望所から眺め、名物の「また覗き」をしてみるのも良いのですが
せっかくですから、ここは一つ全長3.6kmの天橋立を歩いてみたり、サイクリングをしたり、はたまた遊覧船観光をする等して自然を感じ楽しんでみるのはいかがでしょうか。
(※徒歩約50分、自転車約20分)

所在地:京都府宮津市文殊天橋立公園
時間:自由散策
休み:無
料金:無料

天橋立

天橋立・文殊名物である知恵の餅と地元のそばをセットで味わう事ができるお店です。
週末はすぐに満席になってしまうので少し早めに行くのがオススメ。

店頭では職人がこだわりの蕎麦を手打ちしており、太くしっかりとした食感が癖になります。オススメの文殊御膳(蕎麦、天ぷら6品、知恵の餅)は1620円と少し値はするもののせっかくの観光ですから贅沢をしてみるのもたまには良いかもしれません。

所在地:京都府宮津市文殊472-1
営業時間:09:30~18:00(季節により変動あり)
定休日:不定休
TEL:0772-22-5807

丹後王国「食のみやこ」

せっかく天橋立まで来たのですから、少しだけ足をのばしてみてはどうでしょう。

西日本最大級の滞在型道の駅丹後王国「食のみやこ」。

広大な敷地内では子供も喜ぶゴーカートやアスレチック広場、ポニー、ひつじ、うさぎ達とも触れ合う事ができるふれあい動物園も完備。
また、丹後の新鮮な魚介や野菜をふんだんに使用したレストランやパン屋さん等もあり子供だけでなく大人も楽しめる施設となっています。

季節ごとのイベントも充実しており、バター、ソーセージ作り等の食の体験教室も毎日開催!どの年代の方も1日満足して過ごす事ができるかと思います。

所在地:京都府京丹後市弥栄町鳥取123
営業時間:冬季12月1日~3月14日は10:00~21:00
※正月3ヶ日は10:00~17:00
休み:火曜日
利用料金:無料

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は秋の天橋立のご紹介でしたが天橋立には四季折々の楽しみ方がまだまだあります。

冬になれば有名な間人ガニも解禁になりますしね。

少しでも天橋立の紅葉狩りの参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です