秋の京都・嵐山の紅葉の見ごろ~見どころ観光スポットと混雑状況

ranzan01

これからの行楽シーズン、どこか出掛けたいな~と思ってらっしゃる方も多いのでは?

秋と言えば切っても切れないのが、やはり「紅葉」ですよね。

その中でも、やはり一度は訪れてみたいのが秋の京都。京都の中にも紅葉の名所は数あれど、
圧倒的な人気を誇る紅葉の名所スポットと言えば、やはり「嵐山」ではないでしょうか。

今回はそんな嵐山の紅葉の見ごろ時期や周辺観光スポット、そしてシーズン中は気になる
混雑状況についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

秋の嵐山~紅葉の見ごろ時期

京都府内で紅葉スポット5位、と毎年観光客で賑わい人気の高い嵐山。

そんな嵐山の紅葉の色づき時期は11月中旬ごろが平均と言われています。また気象状況にもよりますが、見ごろ時期は11月下旬~12月ごろであると言えるでしょう。

その人気が物語るように、嵐山の山全体が赤・黄色、鮮やかな色彩で覆い尽くされ見るもの全ての人を魅了し、時間がたつのも忘れさせてしまうほどの絶景は言うまでもありません。

きっと四季折々の中で、一番「秋の京都」が輝きを増す時期ではないでしょうか。
その圧巻な景色、人生で1度は拝んでおきたいところですね。

紅葉のみどころ観光スポット

では、京都嵐山における紅葉のオススメ観光スポットは次の通りです。

渡月橋

ranzan01

紅葉シーズンに限らず、嵐山に来たなら渡らずには終われない名物「渡月橋」
有名な桂川に架かる渡月橋から見る紅葉は何とも美しく、橋から眺める観光客を乗せた和船も何とも風情ある雰囲気を醸し出していて、ついつい見とれてしまいます。

筆者自身、せっかくなので思い出作りに着物を着て嵐山めぐりをして渡月橋で紅葉と一緒に写真をとり、何とも秋の雰囲気ある1枚となり満足しました。

きっとSNS映えする1枚となる事間違いなしの観光スポットです。

天龍寺

ranzan02

嵐山の紅葉スポットが数多くある中、やはり訪れたなら外せないうちの1つですね。

世界文化遺産にも認定されている天龍寺。毎年シーズ中はその美しさを一目拝みたいと多くの観光客で溢れています。

天龍寺では紅葉シーズンを迎えると「早朝参拝」といって通常の参拝時間よりも
早く参拝する事ができ紅葉を堪能する事ができます。

朝早くの静やかで爽快な空気の中拝む天龍寺と紅葉は、また日中とも夜とも違った雰囲気があって何とも言えません。

また、大きな池に移りこむ赤黄色鮮やかな紅葉もまた良いですよね。

秋の嵐山、どこもかしこも観光客で賑わってます。
天龍寺もまた観光客は多いですが、他と比べて比較的紅葉鑑賞、散策はしやすいかも!

天龍寺

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68

参拝料:庭園のみ…大人500円、小中学生300円
庭園+諸堂…高校生以上800円、小中学生600円、幼児300円
庭園+諸堂+雲竜図参拝…高校生以上1300円、小中学生1100円、幼児800円

スポンサードリンク

宝厳院

ranzan03

嵐山の紅葉、せっかく来たのですから昼の顔と夜の顔どちらも堪能したい!

という方にオススメするのがこちら「宝厳院」です。

春・秋のみ一般公開されている知る人ぞ知る人気の紅葉スポットなのですが、
昼間にみる宝厳院庭園の美しさもさることながら、一押ししたいのが夜間ライトアップ!

紅葉と美しい庭園がライトアップされたその景色は、圧巻としか言いようがなく、
時間のゆるす方はぜひ昼と夜の両方を楽しまれてはいかがでしょうか。

ranzan04

宝厳院
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬36
駐車場:有料
拝観時間:9:00~17:00
料金:大人500円、小中学生300円
備考:春・秋のみ特別公開あり。

嵯峨野トロッコ列車

嵯峨野から亀岡までの道のりをゆっくり25分かけて景色を楽しむ嵯峨野トロッコ列車。

春は桜、秋は紅葉と四季折々の風物詩が堪能できる至福の時間を求めて数多くの人々が訪れる人気スポットです。

シーズン中はその人気故に、当日行っても
満員で乗れない可能性が大なので、事前に切符を予約し運行時間を確認しましょう!

ranzan05

嵯峨野トロッコ列車
切符のお問い合わせ:075-861-7444
料金:大人620円、子供310円

秋の嵐山~混雑状況&回避情報

例年、11月~12月ごろには紅葉が色づき始め、見ごろを迎え始めます。

その為おのずと11月後半あたりから観光客で嵐山も賑わい混雑のピークを迎えるわけです。

せっかく休みをつかって紅葉観光を楽しみにきたのに、人込みにまみれて
疲れ果ててしまった、なんて思いでだけが残るのは悲しすぎますよね。かと言って、
シーズンを少し外していくともう紅葉は散り始めているし、と悩みどころ。

筆者がオススメするシーズン中の混雑回避のポイントは以下のとおり。

なるべく朝早くに出発!

いうまでもありません。やはり朝はやくの方が混雑もその分少ないです。
せっかくですから、上記で述べた「天龍寺」の早朝観覧を目当てに早朝出発してみる
のもいいかもしれませんね。

公共交通機関を使うなら電車を使用!

車を利用するのはオススメしません。必ず渋滞に巻き込まれる可能性大です。
バスの中もぎゅうぎゅうですし、人が多くて中々乗ることさえできません。
筆者自身、着物をきて電車を利用しましたが、電車は以外とすいており
スムーズかつ快適に現地に向かう事ができました!

電車を利用するならJR京都駅から山陰線(嵯峨野線)に乗り嵯峨嵐山駅で下車、
といったところでしょうか。

まとめ

京都を代表する、嵯峨嵐山の紅葉。いつの時期も観光客で賑わっていますが
秋の京都は1年の中で一番賑わっているといっても過言ではありません。
事前のリサーチをきちんと行って、混雑をなるべく回避して
思う存分絶景を楽しめるようにしましょう。
ぜひ、この機会にご自身の目で嵐山の紅葉を堪能しにきてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です