高校野球のピッチャーの球速と球種!プロで通用するには?

2011112001

夏の風物詩といえば高校野球ですね。
この夏に活躍した多くの選手がプロの世界へと
足を踏み入れる姿を多く目にしてきました。

今回は、野球の華形とも言える

ピッチャー

について着目してみましょう。

スポンサードリンク

高校野球!ピッチャーの球速!

しばしば、野球で注目されるのが
投手。ピッチャーというポジションです。

最終的には、バッターから
アウトを取ることが重要ですが

投球にも様々なタイプがあります。

目にも止まらぬスピードで押し切るタイプ

変化球で緩急をつけるタイプ

打たせてアウトを取るタイプ

投手によって十人十色。
様々なスタイルがあります。

しかし、やはり注目されるのは

球速!

球のスピードですね。

いくら高校生といえども
体はかなり成熟していて
肩の筋肉も発達しています。

正直なところ
一般の私たちが全力で投げたところで
球速は

約90km/hから105km/h程度です。

100km/hを超える人は
よっぽど運動神経がいい人だと
私は考えます。

中学球児で
110km/hあたりでしょうか。

そして、そこから毎日トレーニングを重ねて
身体的な成熟とともに、球速があがっていきます。

高校球児ともなると120km/hほどが
平均値になってくるはずです。

高校野球で注目される球速は
やはり150km/hが指標となると思います。

夏の選抜高校野球で1980年以降に
150km/hを超える球速を出している選手は

20人程度しかいないのです。

平成の世になってから
高校球児たちの体は大きくなり
ウェイトトレーニングなども高機能化してきました。

その中でも、150km/hを超える選手は
ほんの一握りなのです。

高校野球の世界で
150km/hを投げる選手は
今後の活躍にも期待ですね!

高校野球!ピッチャーの球種!

投手のスタイルのひとつに

変化球を駆使して
バッターを翻弄する

というタイプもいますね。

スポンサードリンク

プロの世界では、様々な球種を投げ分けて
コースも際どい!

という場面もしばしば目にしますが

高校野球においては…

あまり多くの球種を投げる選手は少ないです。

主に、高校野球のトップクラスは

カーブ

スライダー

が主流です!

え?二種類だけ?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが
高校球児がすべてこの二種類しか投げないわけでは
もちろんありません。

フォークなどを使う選手ももちろんいますが
カーブやスライダーに比べて
コントロールがつきづらく
使いこなせる選手はあまりいません。

高校球児は
コントロールがつきやすい
カーブとスライダーを重点的に磨き上げ
己の武器として頂点を目指す選手が多いようですね

高校野球で活躍したピッチャー!プロへの道!

高校野球で脚光を浴びた選手は
世間でもプロ野球デビューを期待されますね!

ここでは、プロになった有名選手と
その球速を一部紹介してみます。

ダルビッシュ有選手

球速は149km/h
恵まれた体躯によって、プロ野球の世界でも
大活躍している選手ですね

斎藤佑樹選手

球速は148km/h
自身最高は150km/hと言われています。
ハンカチ王子として一世風靡した記憶も新しい選手ですね。
大学卒業後、プロ転向してからは
フォーム改良に苦しみ、球速が落ちたと言われています。

桑田真澄選手

球速は140km/h台。
ですがこの選手は
緩急とコントロールがずば抜けており
緩急をつけることにより
バッターが体感する球速はかなり早く感じたそうです。
高校時代に投げていた球種は
ストレートとカーブのみ。

松坂大輔選手

球速は150km/h
超高校生と呼ばれ、甲子園でも大きな記録を残した選手です。
ストレートの球速が
投球回数が増えてもほとんど落ちないだけでなく
スライダーがとても強力でした。
「ボールが消えた」と相対したバッターが話すほどの
強烈なスライダーを武器に
延長17回を戦い抜いた姿は記憶に残っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
有名な選手はコントロールももちろんですが

球速150km/h超えは強力!

高校野球では
ストレートとカーブとスライダー
で勝負する選手が多い!

伝説の選手たちは
高校野球界でもすごかった!

皆様も、高校野球の魅力について
もう一度注目してみてはいかがでしょうか?

お読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です