初節句で女の子のお祝いを親戚からもらったら?お返しは?相場は?

Baby 023

かわいい娘の初節句に、親戚などからお祝いをもらうことがありますよね。
その場合、お返しは必要になるのか?またお礼はどのようにしたらよいのか?
相場などがよくわからないということもあるでしょう。

そのような疑問を一緒に解決しましょう。

初節句で女の子のお祝いを親戚からもらったらどうする?

初節句でお祝いをもらった場合、お礼をどうするかですが・・・

普通ですと、初節句の祝いの席を設けてお食事会などを開くのが一般的ですが、親戚など遠い地域に住んでいる、それほど親しくない。
などの場合には

内祝い

を送るのが妥当だとされています。

本来でしたら、初節句のお祝いは家に両親や親戚などを呼び、その場で祝うものですが、今の時代では家に呼ぶのも狭いですし何かと気を使ってしまうものです。
なので、両親が近くにいる場合などを除いてたいていの家庭がそのように内祝いなどを贈って済ませることが多いようです。

その内祝いでも今はいろいろな種類がありますよね。
一番喜ばれるのはカタログギフトなどでしょうが、その他にも洗剤やタオルなどが重宝されます。

あまり仰々しいお返しは向こうに気を使わせてしまうのでNGですね。

そして、気持ちをこめるのでしたら

子供の写真を同封する
字が書けるようになったら子供のお礼の手紙を書かせる

などの工夫で相手も喜んでくれるでしょう。

初節句で女の子のお祝いのお返しは必要?

初節句でのお祝いをもらってお返しをすべきかどうかですが、基本的には絶対にしなければならないものではないようです。

しかし、お祝いをもらっておいて何も返さないというのは無作法ですし、何もいわなかったとしてもいい気分はしませんよね。

そこでお返しをする際にどんなものがよいのかあげてみたいと思います。

見た目もきれいですし、とっても華やかでもらったほうもうれしいですね。
写真や手紙も同梱できますし、心のこもったメッセージカードも入れることができます。これならば内祝いとしての気持ちが伝わること間違いないですね。

スポンサードリンク
カタログギフト CATALOG GIFT(メール便)(包装...

カタログギフト CATALOG GIFT(メール便)(包装…
価格:3,499円(税込、送料込)

内祝いを贈るのならばやっぱりカタログギフト。
2103年2014年にギフト賞を受賞するほどの実力です。
食べ物から旅行、スイーツから洗剤やタオルまで、好きなものを選んでもらって喜んでもらえるのがカタログギフトですよね。
このちょっと変り種の中身だと、来年の正月用の御節までお取り寄せができちゃうところなどが、ほかのカタログギフトとは違うところです。

ドレッシングギフト たかはたファーム(...

ドレッシングギフト たかはたファーム(…
価格:4,320円(税込、送料込)

以外に喜ばれるのがジャムやドレッシングですね。よくデパートなどで見かけるものの、自分では購入しないこのジャムやドレッシングを贈ると喜ばれること間違いなし。
果物本来の甘さと濃厚さに、自然の素材の味が生きているドレッシングで食卓が華やぐこと間違いないでしょう。

上記の商品はほんの一例です。このような内祝いをもとにお礼を返すときの参考にしてください。

基本的に、初節句で外で料理を振舞った場合には、お礼はいらないとされています。ですが、絶対に贈ってはいけないということではありませんので気持ちを送るつもりで差し上げるようにしてください。

初節句で女の子のお祝いの相場はどれくらい?

初節句のお祝いの相場ですが
祖父母ですと雛人形を贈る

親戚や兄弟ですと5千円から1万円
知人や友人ですと3千円から5千円

が相場となっています。

お返しの際には、その金額の3分の1から半額をお礼としてお返しの品などを贈ります。

また、お祝いを贈る際ですがのしには「御祝・初節句御祝・初雛御祝・祝御初雛」などと明記ましょう。
水引ですが、リボンなどをつけるようなラッピングがされている場合には水引は不要となります。それ以外ですと、紅白蝶結びののし紙を使用しましょう。

内祝いの場合には、「内祝い・初節句内祝い」の表書きで親の名前で贈りましょう。

その際ですが、このような初節句などのお祝い事は地域ごとによって変わってくる風習があります。
嫁いで引っ越したりしてわからない場合は、上記の内容を参考に確認するとよいでしょう。

まとめ

 

まとめとしまして、お祝いをするほうもされるほうも、終わったときには気持ちよく思い出に残したいものです。
特にお金のことは後々問題になりやすいので、そのつどきちんとお礼をしておきたいものですね。

その地域ごとのお祝いの方法もあると思うので、周りの人や親にきちんと聞いてみてからお祝いをお返しすることが無難だと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です