節分の日に保育園での行事はなにが良い?劇は?絵本は?

onioni-1

節分の日が近づいてきましたね。
保育士さんの中では節分行事の企画を考えなければならない人もいるでしょう。

そこで今回は、節分の企画はどのようなものが良いのか。
劇をする場合にはどのような劇があるのか、絵本を読むとしたらどのようなものがあるのか…。そこらへんを重点的にお教えしたいと思います。

参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

節分の日に保育園での行事はなにが良い?

 

保育園での節分の行事はいったい何があるでしょうか?

豆まき

これはオーソドックスですが、先生が鬼の格好をして子供たちを怖がらせます。子供たちは豆をまいて鬼たちをやっつけます。
ただ、豆まきをする際に鬼を怖がって泣いてしまう子供もいると思うので、鬼を段ボールで作って、そのダンボール相手に豆やボールを投げるというものでもOKです。
子供に対して過敏な反応をしてしまう親御さんもいるので、アフターケアはしっかりしてください。

onioni-2

紙芝居や絵本

節分の由来を知るために紙芝居や絵本を読むことも良いです。子供たちは食い入るように見てくれますし、知識も増えます。
普通の紙芝居でも良いですし、園児たちが分かりやすいように脚色しても良いですね。

劇・人形劇

鬼たちを怖がってしまう子供もいると思うので、あえて先生方が怖がらせないタイプの劇をしてみるのも手です。内容は下の章を参考にしてくださいね。
園児も参加できる劇でしたら盛り上がること間違いないです。

節分の日に保育園で劇はどのようなものがいい?

 

節分の日の劇ですが、鬼がただ園児を怖がらせてしまうだけの豆まきでなく、
良くないことを追い払おう!という気持ちを育てる劇も良いのではないでしょうか?

絵本を原作とした脚本を作るのはもちろんよいのですが、
鬼が出てきて、豆まきをして鬼退治するよう簡単な劇でも
園児参加型の簡単なものでも以外と盛り上がるものです。

また、劇をするのが大変な場合は人形劇でも良いですし、紙芝居でも大丈夫です。

ちなみに参考となる絵本は次にご紹介します。

節分の日に保育園で絵本を読むならなに?

節分の日に保育園で絵本を読むなら何がいいでしょう?次の本などが園児さんたちも面白くて喜ぶかもしれません。

おにはそと

作・絵:せなけいこ
出版社:金の星社

スポンサードリンク

出版社からの内容紹介
豆まきのユニークな絵本!
豆まきで鬼たちは逃げだしますが、残された可愛いちび鬼は人間の子どもたちと仲良く遊びます。
鬼の親分がちび鬼を連れ戻しに、よろいを着て来ますが、豆まきに降参。
親分はちび鬼のお父さんでした。心が和む楽しい絵本。

内容
節分の夜にやってきた鬼たちがいます。
大人の鬼は豆をまかれて退散してしまいますが、ちびの鬼たちは子供たちと仲良くなり…。

この本は鬼は怖いものばかりではないよということを教えてくれる本です。
鬼を怖がる園児がいる場合にはとても良い本ですね。

おにはうちふくはそと

作:西本鶏助
絵:村川 豊
出版社:出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社

出版社からの紹介
節分の日、貧しいおじいさんとおばあさんには豆がない。
豆をまかずに「おにはうち」と間違えたとたん、鬼がやって来た!ユーモアたっぷりの昔話。

内容
節分の日に豆が買えない貧しい夫婦がいて、その夫婦が「おにはそと、ふくわうち」と言うところを間違えて「おにはうち、ふくはそと」と言ってしまったところ、なんと鬼が家に来てしまい…。

節分で追い出されるばかりの鬼を招いてしまったことからコミカルに話が展開していく思い出に残る本ですね。
鬼は怖いだけじゃないよということを教えてくれる思い出になりますね。

おなかのなかに おにがいる

作: 小沢孝子
絵: 西村 達馬
出版社: ひさかたチャイルド/チャイルド本社

出版社からの紹介
おなかの中にいるオニは、おなかの持主と同じ性格です。
くいしんぼうに、なきむしに、へそまがり…。
節分の日、豆をまいておなかの良くないオニを追い出しますが・・・

内容
みんなのおなかの中にはいろいろな鬼がいて、豆を食べることでその鬼を外に追い出すのですがごろちゃんは間違えて「おには~内」と言ってしまったことからごろちゃんのおなかの中は鬼で満員になってしまい…。

泣き虫鬼はピンクの鬼、だらけているのは空色の鬼、など子供の想像をかきたてる鬼たちがたくさん出てくる絵本です。
自分のおなかにはなんの鬼がいるのかな?と考えられる楽しい絵本です。

まとめ

・節分の日に保育園での行事はなにが良い?
豆まき
紙芝居や絵本
劇や人形劇

・節分の日に保育園で劇はどのようなものがいい?
鬼が出てきて豆まきで退治するような簡単な劇でも盛り上がります。
最後には園児の皆で豆を投げて、困った鬼を改心させる

・節分の日に保育園で絵本を読むならなに?
おにはそと
おにわうちふくはそと
おなかのなかに おにがいる

いかがでしたでしょうか?

節分の企画は大変だとは思いますが、先生も園児とともに楽しんで節分の行事できるとさらに良いと思います。
鬼をこわがって泣いてしまう園児もいると思いますが頑張ってくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です