赤ちゃんの日焼け止めは必要?いつから?選び方は?

aka-1

お子さんが産まれて間もなく、赤ちゃんの肌の紫外線対策として日焼け止めを塗る必要があるか悩みますよね。

夏でも冬でも、大人の女性でしたら紫外線を気にして日焼け止めを塗るでしょう。
でも、赤ちゃんって日焼け止めが必要なのでしょうか?
そして、塗るタイミングはいつが良いのでしょうか?
そこで、それらのことや日焼け止めの選び方について調べてみました。

大切な赤ちゃんのためにも、しっかりポイントをおさえておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの日焼け止めは必要?

赤ちゃんの日焼け止めは必要?かどうかですが、赤ちゃんに限らず人間は日光浴によってお肌の表面にビタミンDが作られます。
ソノビタミンDは人間の骨を形成するのに必要不可欠だと言われています。

つまり、赤ちゃんが元気に過ごすためにも日光を肌に充てるのは必要ということになります。

ということで、赤単の日焼け止めは必要かと言うとそれほど必要ではありません。

ただし、長時間外にいる場合や肌が赤くなってしまうような体質の時には、低刺激でベビー用の日焼け止めを塗ることをお勧めします。

その日焼け止めも肌によっては合わないこともあるので。絶対にパッチテストをしてください。

あまり、大人と同じように神経質にならずに、のびのびと日光浴させてあげてくださいね。その際にはつばの広い帽子などがお勧めです。

aka-2

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗る?

 

あかちゃんの日焼け止めはいつから塗るかですが、これはそれぞれ違うと思います。

あまり小さいころから塗るのも良くありませんよね。
それに、かぶれてしまわないか心配もあるでしょう。

私が調べたところ、だいたいのお母さんが5か月くらいから日焼け止めを使っているようです。

あまり小さな赤ちゃんに使っている人はいませんでした。

それに、使うと言っても海に行く際やテーマパークに行く際などの、長時間外にいる場合や紫外線が強いところに行く場合に限りです。

やっぱりそういう時には気を付けていきたいところですよね。

赤ちゃん用の日焼け止めは石鹸で流せるものが多いので、汗をかいたら取れてしまいます。そういう点でも気を付けてあげたいですね。
もし、肌が黒くなってしまっても元に戻りますのであまり神経質にならないようにしてくださいね。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?

 

赤ちゃんの日焼け止めの選び方ですが、まずこれをおさえておきましょう。

・無香料
・無着色
・弱酸性
・低刺激
・バラペンフリー
・アルコールフリー
・鉱物油フリー
・石油系界面活性剤フリー

今は健康志向の人が多くなっているので、バラペンや鉱物油、界面活性剤が良くないということは皆さんの中で浸透していると思います。

バラペンは防腐剤のことです。防腐剤が入っているのはやっぱり肌に悪いというイメージですよね。
鉱物油ですが、今は昔のように危ないということはないようですが、それでも油やけを防ぐためにも鉱物油フリーのものを選んだ方が良いでしょう。

スポンサードリンク

石油系界面活性剤は、肌のバリや機能を壊してしまう可能性があります。
上記にあげた悪いものとされているものは、もちろん危険性もありますが現在の科学の進化によって安全なものにも近づいています。
しかし、やっぱり相手は赤ちゃんなので、比較的安全なものより、絶対安全なものを使いたいものです。

そこで、これにあてはまる日焼け止めを見つけてみました。
それがこれです。

このママ&キッズ UVライトベールは、皮膚科専門医の協力を得て、デリケートで敏感な肌のために開発された日焼け止めなのです。

肌に本当に必要なものだけを選び、それを絶妙なバランスで配合しているだけでなく、香料や着色料などの不要なものができるだけカットしてあります。
中身の色が淡いイエローなのは、天然オリゴをたっぷり使用してある証であり、それだけ見てもとても安心感のあるものだということが分かりますね。

また、肌に優しいカプセルインUVシールド処方なので、赤ちゃんにはもちろんのこと、敏感肌の人でもお使いいただけます。
さらっとなじむ乳液タイプなので、動く赤ちゃんにも塗りやすくてとても便利です。
もちろん、洗い流すときは石鹸でも大丈夫。
赤ちゃんの肌に負担がないように作られているものです。

このように、赤ちゃんには安全で安心なものを使ってほしいから、きちんと日焼け止めを選んであげてくださいね。

aka-3

まとめ

まとめたいと思います。

・赤ちゃんの日焼け止めは必要?
基本的には不要

・赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗る?
外に長時間いるとき
海などの紫外線が強いところへ行くとき

・赤ちゃんの日焼け止めの選び方は?
無香料
無着色
弱酸性
低刺激
バラペンフリー
アルコールフリー
鉱物油フリー
石油系界面活性剤フリー

これを基準に選ぶこと

いかがでしたでしょうか?
少しは悩みが解決しましたか?

大切な赤ちゃんです。日焼けも気になりますが、日焼け止めによって肌が荒れれてしまわないかとても心配ですよね。
なので、日焼け止めを塗るタイミングや度の日焼け止めを選んだらよいのか。それをしっかりと見極めてくださいね。

赤ちゃんが健康で元気に過ごせますように。応援しております。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です