父の日のプレゼントでネクタイの選び方は?ネクタイピンとカフスは?

nekutai-1

20代になって、生活にメリハリが出てくると親のことも大切にしないとなぁと思い始めますよね。

今までたくさん心配かけて、これからももしかしたらお世話になっちゃうかも?なんてときにちょうど父の日があったりします。

そんな父の日に、どんなプレゼントをしたら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、まだまだ現役のお父さんにネクタイをプレゼントするのはいかがでしょうか?
その際に、どんなネクタイが良いのかみんなどんなネクタイを選んでいるのかなどちょっと知りたいですよね。

今回は、父の日に贈るネクタイについて調べてみることにしました。
また、ネクタイだけでなく、ネクタイピンなどはどんなものがあるのか、相場はどれくらいなのか?なども併せて調べてみました。

女性だし、あまりネクタイなどには詳しくないなぁ…。そういう人にこそピッタリの記事にしていますのでどうぞご活用くださいね。

スポンサードリンク

父の日のプレゼントでネクタイの選び方は?

父の日にネクタイをプレゼントする際、どんなネクタイが良いのかなぁ?と漠然と思ってしまうこともあると思います。

普段つけているようなネクタイで良いのか?それともこだわりがあるのか?
いつもつけていないようなネクタイが良いのか?それとも違う生地のネクタイが良いのか?

などなど、悩みは尽きませんよね。

そこで、まずネクタイを選ぶ際のポイントをあげてみますので、その中から自分が選べそうなものをチョイスしてみてください。

・ネクタイの色はどうするか?

まず、ネクタイの色ですが、私もそうなのですが男性がスーツを着てネクタイを締めるときのこだわりってイマイチわかりづらいです。
主人が「このスーツにこのネクタイってどう?」と尋ねてくることがあるのですが、それが良いのか悪いのか…。「ごめんちょっと分からない」と答えることが多々あります。
普段の服装でしたら良いか悪いかすぐにわかるのですが、本当に企業戦士の服装というのは女の私には未知の世界です。ww

さて、そこでネクタイの色を選ぶ際気を付けること。

【スーツやシャツの色を基準にすること!】

お父さんが普段どんな色のスーツを着ていたり、どんな色のワイシャツを着用しているのか、これが大切なポイントになります。

多くのお父さんが着ているスーツは紺色だと思います。そして、ワイシャツは淡い青などの色でしょう。これに合うネクタイ、それは「青系」のネクタイです。
また、茶色のスーツにクリーム色のワイシャツなどを着用している場合には、「茶色系」のネクタイを合わせるのがセオリーです。

nekutai-2

【スーツより薄く、シャツより濃い色を選ぶこと!】

多くのサラリーマンを見ていると分かってくるのですが、ネクタイの色はスーツの色より薄く、シャツの色より濃いものが多いです。
中には奇抜なネクタイをしている人もいますが、ビジネスシーンではあまり使いませんよね。

そこでこれをおさえつつ、それらの色のネクタイがどんな印象を与えるのかを学んでいきましょう。

・青系の場合

感情を抑える効果のある青系は、まじめで誠実な印象を与えます。
多くの人が着用しているように、これが一番オーソドックスなカラーです。

・赤 オレンジ系の場合

勝負の時などには赤い色を身に着ける人も多いでしょうが、ネクタイでも同じことが言えます。
赤系、オレンジ系のネクタイの場合には、やる気や情熱をアピールすることができます。
ちょっと頑張ってほしい時などに使ってもらうようにプレゼントするのも良いでしょう。

・ピンク系

女性受けの良いピンク系は、人当たりの良い印象を与えます。
その場の雰囲気を和ませたい時などに着用すると良い色ですね。ムードメーカーのお父さんにはピッタリかもしれません。

・黄色系

黄色系のネクタイは、冒険心を持っている印象やユーモアを持たせてくれる印象を与えます。
営業などで上手にコミュニケーションを取りたい場合などは黄色系がベストでしょう。

・緑系

緑は皆さんご存知のようにリラックス効果のある色です。緑系のネクタイをつけることで、相手をリラックスさせたり穏やかな気持ちに導く印象を与えます。
落ち着いて仕事を進めたい時や、大きなプロジェクトで周りを統率したい時などには良い色でしょう。

・紫系

紫色はパッと見ちょっと派手だと思われがちですが、クリエイティブであったり芸術的な印象を与えるとても良い色です。
固い席では使いづらいかもしれませんが、ちょっと遊びのある場合などには場を盛り上げてくれて良いでしょう。

・茶色系

お父さんの世代には合わせやすくてピッタリの色がこれです。
茶色系は、安定や堅実、また信頼などの印象を与えてくれます。年齢だけでなく地位的にも落ち着いているお父さんにお勧めの一本です。

・灰色系

灰色のネクタイは、上品やエレガントさを漂わせる印象となります。
光沢のある灰色系のネクタイはそれだけでかっこいい!と思わせてくれます。ダンディーな男性を思わせる穏やかな柄の灰色系のネクタイは、お父さんを一段とかっこよく魅せてくれること間違いないです。

・黒系

黒系のネクタイは、高級感や威厳などの印象を与えます。重役などは黒系のネクタイの人が多いですよね。
ただ、黒のネクタイは弔辞などで使われるのであまりプレゼントをするのはお勧めできません。
お仕事柄にもよりますが、黒いネクタイは普段使いしにくいものです。

nekutai-3

【柄×柄は避けるべし!】
お父さんが着用しているワイシャツに柄物が多い場合、ネクタイも柄物にしてしまうと両方が主張してしまってうるさくなってしまうことがあります。
それを避けるためにもベストなのは無地、もしくはストライプやチェックなどのネクタイを選ぶべきでしょう。

スポンサードリンク

【ネクタイの素材はシルクを選ぶこと!】
ネクタイと一概に言っても、若者がファッションでするような麻でつくられたものや、ちょっと厚手のウールで作られたものなどがありますよね。
しかし、会社でそれを使うのはちょっとアウト!!
なので、一番良いのはやっぱりシルクでしょう。

【ネクタイの幅はジャケットで選ぶ!】
ネクタイの幅って結構違いがあるのをご存知ですか?
ネクタイを選ぶ際に、その幅をどれにすればよいのかよくわからない。そういうことってありますよね。
その場合には、ネクタイの一番太い部分とジャケットのラベル幅とそろえて選ぶのが一番です。

nekutai-4

【ブランド物は安定の品質!】
ブランド物は少しお値段はしますが、やっぱり安定の高品質です。
お金に余裕がある場合には、上のことを参考にブランド物のネクタイを選んでみるのも良いでしょう。

だいたい、ネクタイの選ぶ方向性が見えてきたと思います。
何より、普段のお父さんの立場や普段着ているスーツやシャツの種類などを見て選ばれると良いと思います。
一生懸命選んでもらえるとお父さんも嬉しいですね。

父の日のプレゼントでネクタイピンもつける?

 

ネクタイピン、つけているお父さんはちょっとかっこよく見えますよね。
父の日のプレゼントでネクタイとネクタイピンをプレゼントする場合、いったいどれくらいのものがどれくらいの価格で売っているのでしょうか?

【ネクタイとセットでプレゼントする場合】
ネクタイとネクタイピンをセットでプレゼントする場合、やっぱり同じブランドで統一したいものですね。

・ブランド品ネクタイの価格
【バーバリー】…13,000円~19,000円
【ポールスミス】…8,000円~12,000円
【ヴェルサーチ】…6,000円~12,000円
【グッチ】…14,000~20,000円
【エルメス】…15,000円~25,000円
【アルマーニ】…8,000円~12,000円
【ルイ・ヴィトン】…23,000円~27,000円
【シャネル】…。10,000円~37,000円
【ブルガリ】…21,000円~26,000円

・ブランド品ネクタイピンの価格
【バーバリー】…4,000円~26,000円
【ポールスミス】…。11,000円~18,000円
【ヴェルサーチ】…30,000円~60,000円
【グッチ】…30,000円~70,000円
【エルメス】…30,000円~60,000円
【アルマーニ】…8,000円~12,000円
【ルイ・ヴィトン】…40,000円~60,000円
【シャネル】…40,000円~60,000円
【ブルガリ】…20,000円~40,000円
【ダックス・ロンドン】…5,000円~37,000円
【ミラショーン】…5,000円~35,000円
【タテシアン】…15,000円~35,000円

これを見ると、やはりブランド品だけあってネクタイピンは特に値段が張ってしまいます。
20代の女性ですと、両方そろえるのは大変になってくるでしょう。

なので、ちょっと予算が…。そういう人はお父さんが好きなブランドのネクタイピンのみ、ネクタイのみでも全然大丈夫です。

お父さんが喜ぶのは。世界でいう「ブランド」ではなく「娘が選んでくれた物」という勲章(ブランド)なのですからね。

父の日のプレゼントでカフスはどう?

父の日にカフスを贈る…。とっても素敵なことですね。

カフスと言ってもいろいろあります。
もちろんブランド物もありますが、ブランド物はとってもお高いですよね。

ネクタイにしようか、それともネクタイピンにしようか…。それともちょっと頑張ってカフスにする?

これらの価格を参考にして、無理のない価格で購入できるものを選んでくださいね。

・ブランド品のカフスの価格
【バーバリー】…12,000円~27,000円
【ポールスミス】…7,000円~12,000円
【ヴェルサーチ】…10,000円~15,000円
【グッチ】…32,000円~35,000円
【エルメス】…20,000円~70,000円
【アルマーニ】…14,000円~19,000円
【ルイ・ヴィトン】…15,000円~46,000円
【シャネル】…13,000円~40,000円
【ブルガリ】…80,000円から190,000円

ざっと調べてみましたけれど、正規店(ネット)で購入する場合と楽天などで購入する場合で価格がぐっと変わってきます。

安く手に入れたい場合には楽天などで購入すると良いでしょう。
ただ、シャネルなどは中古しか出回っていないので、正規店から購入するしかありませんね。

今回はブランド品ばかりをプッシュしましたが、何も無理をしなくてブランド品を購入する必要はありません。
何度も言いますが、娘さんからもらったというブランドが何よりうれしいものですよ。

女性らしい感性で選んであげてください。

まとめ

長くなってしまいましたがまとめたいと思います。

・父の日のプレゼントでネクタイの選び方は?
スーツやシャツの色を基準に選ぶ
スーツより薄く、シャツより濃い色を選ぶ
柄×柄は避けて選ぶ
ネクタイの素材はシルクを選ぶ
ネクタイの幅はジャケットで選ぶ
ブランド物で選ぶ

・父の日のプレゼントでネクタイピンもつける?
ブランド物のネクタイはそこそこ安価なものもあるけれどネクタイピンは高いものが多いので、無理して両方購入することはない
ネクタイピンのみでも大丈夫

・父の日のプレゼントでカフスはどう?
カフスを贈るのもアリ
ブランドのカフスを贈るのも良いけれど無理をしなくても大丈夫

いかがでしたでしょうか?

調べてみて分かったのですが、値段の価格的には
ネクタイ<カフス<ネクタイピン
という順番になります。

ネクタイピンは全体的に高いのですが、カフスはブランド物によってすごくたかぁぁぁい!(驚愕)と言うことがありますww

なので、かけられるお金はいくらくらいか、それで購入できるのはどのアイテムか、そして父親の普段使いの色などはどういう色なのかなどを考えながら購入するのが良いでしょう。

あまり高いものを贈っても、お父さんは逆に悪く思ってしまうかもしれません。
身の丈に合ったものをプレゼントするようにしましょうね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です