布テープ使いで手芸が映える!100均グッズで気軽に試したいワンポイントと使い方

てづくりの小物や洋服などは、お店で販売されているたくさんの生地の中から好みの色やプリントのものを選んで作ります。

てづくり好きの方にとっては、「この生地でこれを作ったらかわいいかな」とかイメージを膨らませること、これだけでも市販品とは違ったオリジナルの小物や洋服ができます。

しかし、それをもっとステキな世界に一つだけのものにしたいと思いませんか?

今回は、100均で買える布テープでワンランク上のてづくりが楽しめる使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

布テープを手芸のワンポイントに使うなら気軽に試せる100均がおすすめ

100均の手芸コーナーに売っている布テープの品揃えをチェック!

主に、テープの材料としては綿で出来ているものの取り扱いが多いようです。

種類としては、生成りがかった色の無地、同じ材料で出来ていてロゴなどがプリントされているものとレース調のもの。

変わったところでは、布テープという品名ではありませんが、布生地の裁ち跡部分を隠して縁取りする時に使う“バイヤステープ”というものやリボン生地に花や動物などが刺繍されている“チロリアンテープ”も販売されています。

100均布テープで作る手芸のワンポイント

テープ自体は、両端がリボンのようにキレイになっているので、たとえば巾着袋のひもにしても、縫わずにそのまま使うことができます。

また、子供用の洋服や袋などに付けておけば、壁のフックに引っ掛けておく便利な“ひっかけひも”としても活躍します。

カラーロープを付けるのもいいですが、布テープの方が平たくてかさばらず、おしゃれな感じもしますのでおすすめ。

さらに巾着袋のひもとして使うならこんな使い方も。

ひもを袋に通して、両端を好みの長さに切ってそれぞれ結んで使いますが、その結んだ先はどうしてもテープを切ってしまったことにより、ボサボサに。なので切った跡を内側に隠して縫います。

スポンサードリンク

そこにビーズやチャームの飾りを付けます。

すると、テープの切った跡もキレイに隠れて、かわいくなりますのでぜひお試しを。

布テープで手芸の幅が広がる使い方

先ほどの布テープの種類の中でも紹介したレース調のタイプの使い方をここではお伝えします。

このタイプは、とても使いやすくて、100均で購入すると2~3種類のものがセットになって巻かれて販売されているので、お得感があり、思わず買ってしまいます。

それでは、早速これの使用例を挙げていきますね。

私がよく取り入れる使い方としては、2つ。

1つは、自分で作った小物などのワンポイントとして使います。

まず、好みの生地を選んで小物などを作ります。ただそれだけでは、オリジナル感がでないので飾りとして付けます。布生地が無地でもプリントものでも、レースはデザインの邪魔にならずにかわいらしくなりますので、よく取り入れています。

もう一つは、既製品の洋服をプチリメイクするときに使います。

ファストファッションのブランドで買った洋服の襟や袖や裾などにレースを付けると違った雰囲気になって、さらに他の人ともデザインがかぶらずにオシャレになりますよ。

とても簡単で手軽にイメチェンできますのでおすすめです。

まとめ

最後にもう一つ活用法をご紹介。布テープを「タグ」として使うことです。

専門店に取り扱っている商品で、ロゴとウサギやクマなどの動物のシルエットがプリントされた布テープがあります。

この商品は、長く切って使ってももちろんいいのですが、1コマ1コマ違うプリントが入っている仕様になっているので、それを活かして1コマ単位で短く切って小物の端に縫い付けてブランドタグのようにする使い方がおすすめ。

無地の生地や同じ生地で使う場所を区別したいタオルはタグを付けて使えば、子供もこのタグが付いたものは自分のものとか、このタグが付いたものはお風呂で使うタオル、こっちのタグが付いたものは洗面所で使うタオルとか、どこで使うかの区別もしやすくなり、目印にもなります。

また、短く切って使った時と長く切って使った時では違った使い方が楽しめるので、もしお店で見つけたら買っておくといいですよ。

このように手芸の中でワンポイントになる布テープ使ってみたことがない方はぜひ一度使ってみませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする