柳川の三柱神社でお花見や流鏑馬を満喫!!駐車場状況も紹介

DSC_0009 - 2

柳川市にある三柱(みはしら)神社という神社を知っていますか?柳川市三橋町にある神社です。
西鉄柳川駅から徒歩5分のところにあります。

春になると境内にソメイヨシノ、約500本が一斉に咲きます。

その桜の木々が本当にきれいなんです!!

福岡県内のお花見の候補のひとつではないでしょうか。

今回は花見シーズン三柱神社で催される“高畑公園桜まつり”を紹介していきます。

夜ライトアップされた“夜桜”、桜まつり最大のイベント”流鏑馬”などなどを紹介していきます。

車で行かれる人のために駐車場事情もお知らせします。

スポンサードリンク

柳川の三柱神社でお花見状況

柳川三柱神社“高畑公園桜まつり”を紹介する前に、簡単に三柱(みはしら)由来を説明します。

三柱神社は文政9年(1826年)立花家10代目藩主鑑腎公《立花鑑広(あきひろ)》が創建しました。

なぜ、三柱というと、祭神として、初代藩主立花宗茂、戸次道雪、道雪の娘にして宗茂の妻のぎん千代の三体の神が祀られているからです。境内の9割ぐらい約62、000㎡(と書かれても、どのくらいの広さかわからないと思います。東京ドーム約1.3個分の広さです。地方出身で東京ドームに行ったことのない私には、それすらもピンと来ませんが)は“高畑公園”といわれています。

私は電車で三柱神社に行きました。西鉄福岡駅から西鉄大牟田線特急大牟田行きの電車に乗り、柳川駅で降ります。ロータリーをまっすぐに進むと国道208号線につきあたります。それを右に曲がり、「下百町」交差点を左に曲がると、三柱神社の鳥居と門が!!その前には赤い橋も見えます!!

鳥居を抜けて、橋の途中で川を見てみると、

川下りの船がいっぱい見えます!!

DSC_0012

ここは柳川川下り「松月乗船場」です。三柱神社は桜の名所にして、川下りのスタート地点でもあるのです!!

境内に入っていくとソメイヨシノが広い敷地内にあちこち咲いています。桜の開花にあわせて、“高畑公園桜まつり”が開催されます。期間は3月下旬から4月上旬ぐらいです。入園料金無料、散策自由ですので、どうぞ歩き回っていろんな桜を見て楽しんでください。約500本のソメイヨシノがあるので、いろんな桜の様子が見られます。

桜まつり期間中夜桜も鑑賞できます。18時~22時に公園内がライトアップされます。

いろんな夜桜の表情が見られます。昼とは違う夜桜の美しさに感動です!!

高畑公園(三柱神社)でいろんな桜を見て、桜の下でシートを敷いて、飲んで食べて友達としゃべって、花見を満喫したところで、せっかく柳川に来たのですから、柳川名物“川下り”のどんこ船にのってみませんか?さきほど紹介した「松月乗船場」に行くと9時~17時まで乗船できます。乗船料は大人1500~1600円、子供700円~800円です。(船の混み具合、季節や天気状況で料金が変わるらしいのです)

柳川の町を“掘割”といわれる堀が網の目(あみのめ)状に巡らされています。それをどんこ舟でゆっくり回っていきます。時間にして1時間10分、水辺の風景が楽しめます。
この期間は、なんと川下りをしながら、堀に咲いている桜も鑑賞できるのです!!

スポンサードリンク

舟にゆられて桜を見る、これは水郷柳川でしか体験できません!!
ぜひ、桜まつりで川下りにのってください!!

さらに夜桜を見ながらの川下りもできます。夜の川下りは予約がいるそうなので、
こちらに連絡してください↓

松月乗船場  ℡ 0944-72-6177

さらにさらに桜まつりと同時期に柳川では“柳川ひな祭り(2月初旬~4月初め)も催されてます。

三月中旬(その年によって日にちが変わる)お雛様やお内裏様に着飾った稚児達が舟で繰り出す「おひな様水上パレード」が催されます。

川下りで桜を見ていると、おひな様の舟と、ばったり会ってしまうなんてことも、ありえるのです。

柳川の三柱神社で桜舞う中の流鏑馬


DSC_0033

桜祭り最大のイベント“三柱神社流鏑馬大会”を紹介していきます。

開催日は3月最終日曜日、または4月第一日曜日に行われます。始まりは意外に新しく、平成17(2005)年、遷宮百八十年を記念して、第一回流鏑馬大会が行われました。それからは毎年春に行われます。三柱神社の春の風物詩といえるでしょう。

流鏑馬大会、まずは13時より(予定)正参道において古武道が行われます。

黒い武道着を着た猛者が5~6人ぐらい現れて、建てられた竹に向かって古武道の剣術を披露していきます。達人の掛け声がが境内に響き渡り、ぴんとした緊張感に包まれます。

そして、14時からメインイベントの流鏑馬が行われます。

昔の侍のかっこうをした若い男女の列がが約30人が現れてきました。そのあと馬に乗った武者姿の者たちが弓を手に、背中には矢をいっぱい背負って、現れてきました。
そして、桜並木の参道で武者が馬を走らせながら、弓矢で的を射ていきます。

馬が走っていくスピードと弓矢の迫力はまさに圧巻です!!

花見をしながら、桜舞う中、古武道や流鏑馬を見る。

これも「高畑公園桜まつり」でしか見られません!!

柳川三柱神社の駐車場状況

この桜まつり期間中、数多くの花見客が訪れます。車で行かれる人のために駐車場状況を紹介していきます。まずは三柱神社が管理している駐車場です。

神社のすぐ隣にあります。全収容台数が200台。営業時間が24時間、そして料金が一日駐車して、なんと500円です!!かなり格安な値段です。

三柱神社駐車場 詳細情報

住所     福岡県柳川市三橋町高畑325

電話番号   0944ー72-3883

全収容台数  200台

営業時間   24時間

料金     一日500円 領収書発行可 クレジットカード不可

まとめ

柳川三柱神社のお花見紹介はいかがだったでしょうか?ソメイヨシノが約500本の鑑賞もすごいのに、夜桜も見れて、川下りも乗れて、ひな祭りも見れて、流鏑馬も見れる。

こんな、贅沢な花見はここでしかないのです!!
ホテルも数多くあるので、2~3日滞在して、ひな祭りとお花見&流鏑馬とお花見を楽しむなんてこともできちゃうのです。本当に贅沢なお花見です!!

さらに、贅沢情報がひとつ。ここ柳川は詩人北原白秋の出身地で、町には白秋の詩のモニメントが数多くありますし、北原白秋の生家もあります。花見をしながら、それらのモニメントを見て歩く、なーんてこともできちゃうのです!!
この記事を読んだ方は柳川で花見をしたくなったことでしょう!!

それでは、今回、これで。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です