いなべ梅まつりの見頃はいつ?混雑具合と開花状況は?

inabe01

日本の絶景が紹介されているベストセラー本「死ぬまでに行きたい!世界の絶景 新日本編」にも選ばれているいなべ市農業公園の梅林公園。

農業公園はエコ福祉広場エリアと梅林公園エリアの2つからなっています。18ha(東京ドーム約4個分)あるエコ福祉広場エリアではパークゴルフ場やボタン園などがあり、38ha(東京ドーム約8個分)ある梅林公園エリアでは東海地区最大級とされる梅の花が4500本ほど咲き誇り、100種類もの品種があるとされています。

梅林公園の梅の植栽は平成9年から地域の高齢者の方たちによって手がけられ、今年で20年を迎えています。

スポンサードリンク

いなべ梅まつり・見頃はいつ?

梅林公園の梅は例年2月初旬ごろから咲き始めて、見頃になるのは例年3月中旬ごろとされています。

見頃は毎年の気候により変動があるため、行く前にはいなべ市のHPで確認してから行くことをおすすめします。

いなべ市HP
http://www.city.inabe.mie.jp/

私が行った時期は3月中旬で、まだつぼみがところどころある満開寸前といったところでした。

天気がスッキリしなかった分、写真では少しはっきり写っていないですが、近くで見る梅はとてもきれいに咲いています。
また、園内は高台になっているところがあり、ちょっとした展望台もあります。そこから見る景色は梅林公園の梅が見渡せると同時に、鈴鹿山脈が一望でき、絶景のスポットとなっています。

ただ、曇っていると、鈴鹿山脈が見えないこともあるので、なるべく天気の良い、晴れたときに行くのがおすすめです。

inabe02

いなべ梅まつり・混雑具合は?

例年3月の土日は大変混雑していますが、特に梅まつりと同時に開催される「うまいもん市」と重なる時期は周辺が渋滞しています。

「うまいもん市」はいなべ市や近隣市町の地元の特産品が販売されており、例年3月中旬の土日しか開催されない貴重なイベントです。いなべ市のゆるキャラ「うめぼ~や」もやってきます。

私は平日のお昼過ぎに行きましたが、混雑はしておらず、駐車場もすんなり入れました。人もまばらでしたが、苗木販売やそばやうどんなどの飲食店の出店もありました。

ただ、平日は土日よりもお店を閉める時間が早いようなので、平日に行かれる方はなるべく14時頃までには行かれることをおすすめします。

混雑を避けたい方は平日に行かれるか、土日なら9時前には行かれることをおすすめします。繁忙期は梅林公園の駐車場が満車になるので、エコ福祉広場の臨時駐車場から無料シャトルバスが運行されています。

スポンサードリンク

inabe03

また、梅林公園で採取した梅の実を100%使用し、三重県の菰野町の関取米を原料にした純米大吟醸ベースの梅酒「紅翠(こうすい)」が2017年の9月に発売されたばかりです。ネット通販でも購入できるようですが、2018年からは梅まつりでも実物をお目にかかることができるかもしれないので、気になる方はチェックしてみてください。

いなべ梅まつり・開花状況は?

いなべ梅まつりは毎年2月中旬ごろから3月中旬ごろまで開催されています。毎年祭りの日程がはっきりしない理由は温暖になれば早まり、寒気が流れ込むと遅くなったりと、気候により開花状況が変化するためです。

毎年期間を定めても開花状況により、よく変更されています。私が行ったときは3月中旬で満開寸前だったところなので、もう1週間遅ければ満開で楽しめたかもしれませんが、自然のことなので、運とタイミングもあるかと思います。

個人的には充分見応えがありました。3月中旬といっても、風が吹くとかなり寒く、室内ではないので、温かい格好をして行くとよいです。

そして園内は広大な敷地なので、歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

参考までに過去3年間の開催時期です。
2017年は2月17日(金)から3月20日(月・祝)まで開催
2016年は2月13日(土)から3月13日(日)まで開催
2015年は3月13日(金)から3月29日(日)まで開催

開催期間:毎年2月中旬ごろ~3月中旬ごろ
開催時間:09:00~16:00
会場:いなべ市農業公園 梅林公園
所在地:いなべ市藤原町鼎3071番地
TEL:0594-46-8377(いなべ市農業公園)
料金:梅まつり開催時 大人500円(中学生以上) 小学生以下無料
駐車場:500台(無料)
アクセス:(公共交通機関)近鉄桑名駅から三岐鉄道北勢線西桑名駅乗車~阿下喜駅下車、
タクシーで約20分
(車)名古屋方面:東名阪自動車道 桑名I.Cからいなべ方面へ50分
名神高速道路 関ヶ原I.Cから(国道365号経由)30分
関西・北陸方面:名神高速道路 八日市I.Cから
(国道421号石榑トンネル経由)70分
名神高速道路 関ヶ原I.Cから(国道365号経由)30分
東名阪自動車道 四日市I.Cから(国道306号経由)
いなべ方面へ50分

まとめ

・いなべ市農業公園の梅林公園は東海地区最大級の梅園
・梅まつりでは100種類・4500本の梅が咲いている
・鈴鹿山脈と梅のコントラストがとてもきれいな場所
・梅まつりの開催時期は毎年2月中旬ごろから3月中旬ごろまでだが、変更されることが多いため、行く前にHPで確認してから行くのがよい
・梅の開花の見頃は例年3月中旬ごろだが、毎年気候の状況により異なる
・繁忙期は無料シャトルバスが運行されている
・混雑を避けたい方は平日がおすすめ
・園内は広大なため、歩きやすい靴がおすすめ

広大な敷地に咲き誇る梅と鈴鹿山脈が一望できる梅園公園は自然の堂々たる景色を体感できます。毎年開花の時期が定まらないところも自然の魅力のひとつかと思いますので、ぜひタイミングを見て足を運んでみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です