尿酸値を下げる運動ってどのようなもの?ジョギングは?汗を流すのってどう?

bd6b69a8062ad5a5f5b6e101_1920

先日、健康診断の結果が返ってきました。

そしたら、大変なことに尿酸値がはじめて、9mgを超えてしまいました。

私の場合、中性脂肪値とガンマGTPが基準値を超えており、
原因のひとつはお酒っぽそうです。

お酒は普段は飲まないのですが、週末となると
毎日、焼酎4~5杯の水割りを飲んでおります。

ひどいときですと10杯近くは。。。

まぁ、お酒を控えるっていうのももちろんですが、
社会人ということもあり、運動不足も原因のひとつのようです。

そこで今回は、尿酸値を下げるのにどの程度の運動が効果的なのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

尿酸値を下げる運動ってどのようなもの?

尿酸値を下げる運動についてですが、これはウォーキングなどの
有酸素運動のほうが良いみたいです。

身体を鍛えるために腕立て伏せや腹筋などを身体に負荷をかけるより
家で簡単なストレッチをして、身体を動かすくらいのほうがちょうどよいみたいです。

一番効率的なものは、家から駅まで1km以上あれば、
自転車ではなく、歩いて通勤するというのがよさそうです。

もし家から駅が近いようであれば、
会社の最寄り駅のひとつまえで降りて
そこから歩くというのもひとつの手でしょう。

ウォーキングの時間としては、おおよそ60~90分くらいを
毎日歩くというのが大事だそうです。

またウォーキングをするとのどが渇きますので、
水分補給は十分に補いましょう。

というより、水分補給は尿酸値を下げるために
必要ですので、普段以上に水分は補給することを心かけたほうがよさそうです。

尿酸値の抑制には沢山の水分が必要となるためですね。

尿酸値を下げるのにジョギングはいいの??

尿酸値を下げるのにウォーキングは有効ですが、
ジョギングはどうなんでしょうか。

スポンサードリンク

特に普段特になんの運動もしていない私のような場合であれば、
いきなりカラダの負荷がかかるジョギングをするより、
まずはウォーキングでカラダを慣らすほうがよさそうです。

週2回の5キロをジョギングするより毎日のウォーキングのほうが
身体にはよく、尿酸値を下げるための適切な運動になるようです。

どうしてもジョギングというのであれば、
スロージョギングのほうが尿酸値を下げる運動には適しているかもしれません。

スロージョギングですが、走りつづけるジョギングとは違い、
ゆっくり走って少し歩いてまたゆっくり走るといった感じです。

以前、TVでも紹介されておりましたが、
これは30分程度だけでも十分らしいです。

そのため、ウォーキングをする時間があまりかけられないのであれば、
30分ほどのスロージョギングのほうがよさそうです。

尿酸値を下げるのに汗は流したほうが良い?

尿酸値を下げるのに汗を流すほどのしっかりとした運動は
あまりしないほうがよさそうです

これはよくあるのですが、もしまだ痛風が発症しておりませんでしたら、
激しい運動がもとになり、痛風が発症したなんていう事例もよくききます。

そのため、激しく汗を流す運動を行うより、じんわり汗が出るくらいの
軽い運動を継続的に行うことが尿酸値を下げる適度な運動となるといえるでしょう。

特に普段から運動をしていない場合は、いきなり激しい運動は
控えたほうがよさそうです。

会社の行事や遊びで身体を激しく動かす運動をする予定でしたら、
事前にウォーキングなどで身体を動かすことに慣れることが必要です。

まとめ

いずれにせよ、尿酸値を下げる目的で激しい運動はよろしくないでしょう。

それなら1日1時間でもウォーキングをするもしくは
1日30分でもスロージョギングを毎日継続して続けることが効果的といえそうです。

なにより継続的な運動が必要となりますので、生活の一部に取り入れられるような
工夫をすることが必要となるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です