手芸を活かして履かなくなったズボンを再利用!簡単リメイクグッズの作り方

季節ごとの衣替えやクローゼットの整理をしていたら、「着なくなった洋服が山盛りになっちゃった。」なんて経験ありませんか?

思い切ってそのタイミングで“断捨離”ってものもちろんありですが、捨ててしまう前にもう一度見たら「やっぱり捨てるにはもったいない、でももう着ないしなぁ。」と悩んでしまうことも多いのでは。

そんな時はこの2つの方法がありますので、参考にしてみてください。

1つは、リサイクルショップ持ち込む。使用感が少ないものは、買い取り金額も高くなります。近くにお店があるなら、試しに持ち込んでみるといいかもしれません。

もう1つの方法は、洋服の【リメイク】です。今回は、簡単な手芸で洋服をリメイクする方法をご紹介します。

「思い出のある洋服だし、この柄気に入って買ったんだよな。」と思っていた人はぜひトライして、お気に入りの洋服をもう一度よみがえらせてください。

スポンサードリンク

簡単手芸で再利用!履かなくなったズボンのリメイク術

着なくなった洋服の中で、比較的カンタンに「リメイク」の材料として加工しやすいのが、履き古した“ジーンズ”です。ジーンズは、もともと作業着として作られたのが起源で、じゃぶじゃぶと何回洗濯しても形が変形しにくく丈夫というのがメリット。

また、幅広い世代から着用されていて、どこのご家庭でも1着は、タンスやクローゼットの中にしまってある身近な洋服というところもジーンズが使いやすいポイントです。

まず、本格的なリメイクに入る前の下準備として、少し手を加えてジーンズをズボンからどんなものにでも加工ができる生地にします。

作り方は、正面である前身頃とお尻側である後見頃の繋ぎ目の部分を、縫い目に沿ってサイドと股下それぞれ切り離し、解体。あとは、股下の三角に開いているところを両足の内側を重ねるようにして、まっすぐ縫い合わせ、もう1枚の生地も同じように縫い合わせれば、あっという間に2枚の生地が完成。

これで、ようやくリメイクの準備が整いました。

簡単!ズボンリメイクバッグの作り方

さあ、ここから本格的なリメイクです。バッグの入れ口部分に持ち手を付けた【トートバッグ】が作りやすいので例として簡単に紹介します。

1、加工用の生地を裏返し、ウエスト部分の端と裾部分の端を重ねるようにして、折りたたみます。
2、両サイドをお好みの長さのところまで直線縫いし、裏返しになっていた生地をひっくり返せば、袋が完成。
3、バッグの入れ口部分をほつれないようにするため、内側に折り返しぐるっと一周縫って、袋の部分の仕上げをします。
4、切った時に出たハギレを加工して持ち手を付けたら、出来上がり!!

この手順でバッグを作るときに、両サイドを縫う長さを変えれば、奥行きが深いトートバッグができたり、奥行きが浅めのクラッチ風バッグができたりします。

スポンサードリンク

また、もともとの形を活かせば、ポケット付きのバッグができますし、丈夫な生地を活かしてバッグの底にマチをつければ奥行きが浅くて中のものが取り出しやすく、収納力がアップしたスグレモノのバッグができます。

変わったところでは、履き古して破れていた部分に後ろから当て布をしてジグザグにミシンをかけかがれば、それもバッグのアクセントになり素敵です。

出来上がったバッグに、レース、フリル、ワッペン、ボタンなどデコレーションするのもいいですね。

デコの材料は100均にあるものを買ってきて手軽に出来るし、自分の好きな場所に配置すると“世界にひとつだけのオリジナルバッグ”になります。

このようにアレンジによって使い道もどんどん広がっていくので、ぜひ挑戦してみてください。

履かなくなったズボンで作れるリメイクグッズ

バックよりもっと簡単なリメイクでできるものが、“クッション”です。

バックと途中まで作り方は同じ。

ただ、バッグの時には入れ口として、開けておいた部分から綿を詰めてそこを縫って閉じれば出来上がり。

1時間もあれば、すぐに出来るのでお子さんと一緒に作っても楽しいですね。

また、バッグやクッションなどリメイクした時に出る小さな布、“ハギレ”も無駄にしません。

 デニムの繊維に沿って手で縦に裂いて、紐をたくさん作り、それを集めて上の端を糸で縛ってひとまとまりにします。

そして、その部分にイヤリングやピアス用の金具をつければ、ハギレを活かした「フリンジアクセサリー」が完成。ジーンズの面影がないほど形を変えましたが新しく買ったもののように生まれ変わりました。

まとめ

気に入って買ったもの。高くてなかなか買えず、おこずかいをはたいてやっとのことで手に入れたもの。今は亡き人の形見など。着られなくなってもすぐには捨てられない思い入れのある洋服。

誰にでも1着はあるはず。そんな洋服にもう一度光を当ててあげる【リメイク】を今回はご紹介しました。

【リメイク】によって、洋服ではなくなったけれど、違う使い方ができるようになった思い出の品たち。

もちろん、その品たちをもともと使っていた自分がオーナーになってもいいですが、この機会にあなたの子供たちに新しいオーナーになってもらうのはどうでしょう?

「これは、ママが履いていたズボンから作ったカバンなんだよ。かわいいでしょ、大事に使ってね。」といって託すことで、子供に物を大事にすることが伝わります。

昔、兄弟が多い時代は当たり前のようにやっていた、自分の使っていた物を誰かに譲り渡すこと。

今は少子化で一人っ子が多くなり、あまり見かけなくなってきましたが『おさがり』も決して悪くない文化です。

物も文化も次の世代に引き継いで、大切にしていきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です