老健のケアプランの期間や見直しは?作成者が考えなければならない事

ケアプランを作成するのは大変ですよね。
利用者一人一人の状態やニーズに合わせるので同じプランはありません。

また、ケアマネジャー1人に対して何十人もの利用者を担当しなければならないのです!

その為ケアマネジャーは毎日介護士や看護師等と連携をとります。
担当利用者の状態をしっかり把握しなければケアプラン作成ができないからです。

情報交換を行い、利用者にとって必要な介護を理解します。

介護の方向性や、ケア方針が決まればケアプラン完成。
そして介護士はそのケアプランに沿って介護を提供するようになります。

しかし完成したケアプランに期間は決められているのでしょうか?
また、ケアプランに入っていない介護が必要になった場合はどうするのでしょうか?

そこで今回は

・老健のケアプランの有効期間は?
・老健のケアプランの見直しは何故必要なのか?
・老健のケアプランの作成者はどんな事に注意しているか?

上記3つをご紹介していきたいと思います。

一緒に知識を深めていきましょう!

老健のケアプランの有効期間は?

まずは老健で作られるケアプランに有効期間があるかどうか?
もちろん有効期間はあります!

一度作って「はいおしまい」ではありませんので注意して下さい!
何故なら利用者の状態は日ごとに変化が見られる場合があるからです。

入居してきた時のケアプランがありますよね。
それを2年後も3年後も全く変わらない状態で介護を提供することはほとんどありません。

例えば入居したての頃はまず施設になれる環境づくりを考えたケアプランを作成します。
これを2年後も3年後も必要かどうかは、考えればわかる事ですよね。

そうです!ケアプランには必ず期間があるのです。
そして定期的に内容が適切かどうかの確認作業が大切なのです!

ではどれくらいの期間が適切なのでしょう?
必ずこの期間内で!という決まりはありません。
しかし大抵入居してきた当時のプランは1ヶ月~3か月の間で期間を決めます。

その後は長期・短期と目標設定をしていくのです。
大体長期は6か月~10か月くらいの期間設定になります。

短期の場合は1ヶ月~3か月くらいになるでしょう。
2回、3回とケアプランの更新をすると、3か月くらいが更新期間の目安となります。

老健のケアプランの見直しは何故必要なのか?

次は何故ケアプランには見直しが必要なのでしょう。
先程簡単に説明しましたが、利用者の状態は変化をしていくものですよね。

スポンサードリンク

もしかしたら今の介護方法ではうまくいかない事が発生しているかもしれません。

また、プラン内容に入っている介護が必要ない物になっている場合もあるのです。

必要ない介護サービスを受けて介護保険料を払うなんてバカらしいですよね。
こんな事にならないよう、定期的に見直しが必要になるのです。

また、有効期間内でも明らかな状態変化が認められる場合もあります。
「でも期間内だから作り直す必要はない」なんて事はありませんので注意しましょう!

プラン内容と利用者の状態が明らかに異なれば、すぐにプラン変更をします。
プランを変更する際には、必ず本人や家族にも伝えておきましょう。

また、病院に入院してしまった時等もケアプランの変更を検討しましょう。
もちろん完治してまた入院前と同じ状態であれば問題ありません。

しかしADLの低下がみられる可能性もあります。
そんな時はプラン変更を早急に行うようにしましょう。

老健のケアプランの作成者はどんな事に注意しているか?

ケアプランの作成者であるケアマネジャー。
どんな事に注意しながらケアプランを作成するのでしょうか?

なんとなくで判断し、コピペで完了。

ケアマネジャーとしてやってはいけない内容の一つになります。
ろくに情報収集もせず、入院等もない為なんとなくケアプランを継続にすることです。

ただ現在のケアプランをコピーして、有効期間だけ変更して完成させる。

こんな事は絶対あってはなりません!
今のご時世こんな事はほとんどなくなっているでしょう。

ケアマネジャーはなんとなくで判断しないよう注意しながら作成しているのです。

利用者の意見だけでプランを作らない

利用者も基本的には出来る事は自分で行うように努めなければなりません。

しかし利用者によっては、「面倒だから」と、ケアマネジャーにお願いする事もあります。

もちろん利用者の希望を入れ込んだケアプランは大事です。

しかしそれが利用者のADL低下に繋がってしまうかもしれません。

利用者の状態悪化の為に作るケアプランなんて本末転倒でしょう。

その為ケアマネジャーは利用者の状態をしっかり注意してプラン作成をしているのです。

まとめ

それでは紹介した内容をまとめてみましょう!
老健のケアプランの有効期間は必要なのか?

・有効期間は必要
・長期・短期と目標設定を行う
・だいたい3か月の有効期間

老健のケアプランの見直しは必要か?
・必ず見直しはする
・期間内でも著しい変化が見られればプラン変更
・入院時にはプラン変更を心がける

ケアプラン作成者が注意している事は
・なんとなくでプラン作成はしない
・利用者だけの意見をプランに入れ込まない

いかがでしたか?
今回は老健のケアプランのについて色々ご紹介して参りました。
ケアプランの作成は利用者の事をしっかり理解しなければ作成できないようですね。

また、適当に作るプランでは、利用者の状態維持・改善に繋がらないのです。

ケアマネジャーの仕事はとても大変ですが、やりがいもあります。
利用者が継続して元気に過ごせるようなプラン作成を心がけましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする