老人ホームの費用の相場は?夫婦での必要費用や施設を選ぶポイント!

「将来、自分や夫・妻に介護が必要になったら…。」
将来の介護に対する不安は、だれもが持っているもの。

特に子供がいない夫婦にとっては、介護をしてくれる人が身近にいなくなるため、不安も大きいですよね。

万が一に備えて、早めに準備を…と思い、老人ホーム探しをする人も多いのではないでしょうか?

しかし、老人ホームにはタダでは入れません!お金が必要になります。

「せっかくだから夫婦揃って老人ホームに…。」そう思っている人もいるのでは?

夫婦2人で入る場合は費用も変わってきますし、費用が高くなることもあるのです。

今回は、そんな気になるお金の話である老人ホームの費用の相場や、施設選びのポイントについてご説明します。

スポンサードリンク

老人ホームの費用の相場は?

老人ホームの費用の相場は、その介護度や施設の種類によって変わってきます。

例えば、特別養護老人ホームでは月々7~15万円ほど必要ですが、介護付き有料老人ホームになると、12~40万円が必要です。
かなり費用に違いがあるのが分かりますね。

施設の種類によっては入居時には入居一時金がかかる場合もあるので、これよりさらにお金がかかることも…。

有料老人ホームによっては、入居一時金に1億円が必要なところもあります。
気の遠くなるような額ですね…。
もちろん、月々にかかるお金も高めになります。

しかしその分、施設の設備やサービスが他と比べてかなり質が良いものになっています。

有料老人ホームなどの場合は、必要な介護量が多い人ほど費用は多くなる傾向があります。

介護度が高いということは、それだけスタッフによる介護が必要だからです。

さらに、スタッフだけでなくベッドや車いすなど、介護用品も必要になります。

介護用品によってはレンタルできるものもありますが、なかには購入が必要なものも…。

また、老人ホームの費用は住んでいる地域によっても差があります。

都心部などは、費用が高い傾向があります。

しかし、自治体によっては補助金が出るところも。

お住まいや、検討している老人ホームがある自治体ホームページを確認してみてはいかがでしょうか?

老人ホームの費用は夫婦2人でいくら必要?

まず、老人ホームによっては夫婦揃って入居OKなところと、NGなところがあります。
さらに入居OKなところも、夫婦同室の場合と夫婦別室のところも。

スポンサードリンク

夫婦同室の場合は入居一時金が1人分になることや、別室で入るよりも管理費等の月々にかかるお金が1.5人分になることもあります。

ただし、これは施設によって違います!

夫婦同室で入れる老人ホームの数自体は少ないため、もともとの設定価格が高いこともあるので注意しましょう。

夫婦2人入居で別室の場合も、入居一時金が安くなるところもあります。

しかし、こちらも施設によって違いがあります。

「老人ホームの費用の相場」でご説明した額が2倍かかると考えていた方が、安心できますね!

費用については、入居する人の介護度によっても変わります。

お金はなるべく多めに見積もっていた方が良いでしょう。

老人ホームを選ぶときのポイント!

老人ホームに入るには、かなりのお金がある程度まとまった状態で必要です。

しかし、費用が高いから良い老人ホーム、費用が安いから悪い老人ホームというわけではありません。

入居前に老人ホームの見学をするときは、部屋だけではなく施設全体の雰囲気を見ましょう。

部屋の設備見学として、入居者が入っていない空き部屋に案内されます。

きれいに片付いていて、良いところだなと思われるでしょう。

しかし、その部屋は空き部屋なのできれいで当たり前です。

共有フロアのものが整理整頓されているかなども、確認するようにしましょう。

物が散乱していたりすると、入居した際それにつまずいて転んでしまう恐れもあります。

また、入居されている人や施設のスタッフの印象も大切ですよね。

スタッフの方からあいさつをしてくるか、スタッフ同士大声で私語を話していないかなど、観察してみましょう。

老人ホームは、入居後は家として生活する場所。

ささいなことかもしれませんが、そのささいなことがストレスになることもあります。

老人ホームを選ぶ際はお金の問題だけでなく、施設の雰囲気・人の雰囲気は必ずチェックするようにしましょう。

まとめ

年をとるということは、だれしも避けることができません。

また、今は健康体であっても。この先なにが起こるかはだれにも分からないものです。

事故や病気で麻痺が生じ、今までの生活ができなくなることも十分に考えられます。

そんな「もしも」に備えて、早めに老人ホームの検討などを進めましょう。

「長生きするか分からないから、どうせなら良いところに…」
そう思う人もいるかもしれません。
しかし今、日本の平均寿命は年々伸びています。

医療の発達もあり、今や100歳以上の人は数多くいるのです。
自分が100歳まで生きるのは、ありえないことではありません!

自分は100歳まで生きると仮定をし、身の丈にあった老人ホームを検討することが大切ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする